【パチスロの稼ぎ方②】具体的にどうやって期待値を稼ぐのか?

  • 【パチスロの稼ぎ方②】具体的にどうやって期待値を稼ぐのか?

最終更新日:2019年1月27日

こんにちは、katsuです。

前回の動画では、
「パチスロで稼ぐことは誰にでもできる」ということと、
「パチスロで稼ぐためには期待値を稼げばいい」という内容を解説しました。

 

で、今回の動画では前回の続きで、
「具体的にどうやって期待値を稼げばいいのか?」を解説していきます。

それではご覧ください。

↓↓↓

 

どうやって期待値を稼ぐのか?

 

方法は主に4つあります。
天井狙い、ゾーン狙い、設定狙い、リセット狙いです。
他にもあるかもしれませんが、主にこの4つに分けられると思います。

リセット狙いはゾーン狙いの一部と言えるかもしれませんが、
今回はこの4つに区切ってそれぞれの立ち回り方法を解説していきます。

 

天井狙いについてですが、
まずそもそも「天井とは何か」を説明すると、
天井とは確実に当たる最深部のゲーム数(G数)を天井と言います。

例えば初代モンスターハンターので言うと、
1400Gが天井なのですが、
1397G、1398G、1399Gまでは普通に通常状態なのですが、
1400Gになった瞬間にシャッターが閉まって
突然モンスターが現れ、ハンターとモンスターとのバトルが始まり、
そのバトルにハンターが勝って当たり始めるわけです。

【パチスロの稼ぎ方②】具体的にどうやって期待値を稼ぐのか?

 

あわせて読みたい

「そもそもゲーム数って何?G数?」という場合は、次の記事が参考になるはずです。

【パチスロの稼ぎ方④】データカウンターの見方(超初心者向け)

 

ゾーン狙いとは、当たる確率がアップするG数の部分をゾーンと言います。

例えば押忍番長がゾーン狙いで有名です。
押忍サラリーマン番長で少し説明すると、
200G、400G、600G、800Gの百の位が偶数のG数でゾーンが存在します。

だから200G、400Gなどのゾーンをピンポイントで狙うために、
180Gや380Gから打ち始め、ゾーンである200G、400Gだけをピンポイントで狙う立ち回りをゾーン狙いと言います。

 

次は設定狙い。

まず「設定」について説明すると、
設定とは”還元率”のことで設定1から設定6の6段階があり、
設定1が一番負けやすくて、設定6が一番勝ちやすくなっています。

ちなみにパチスロ業界ではこの還元率のことを”機械割(きかいわり)”と言います。

設定1の機械割は約96%で、設定6で110~120%の機械割です。
設定3で機械割が約100%となっているため、
設定1や設定2を打っていうると基本的に負けることになります。

で、勝つためには設定4・5・6を打ちたいわけですが、
様々な演出を把握して、これらの設定4・5・6を確保する立ち回りを設定狙いと言います。

 

最後にリセット狙い。

まず上記で説明した設定ですが、1日おきに設定が変更されるものです。
朝は設定1だった台が、昼には設定4になって、夜には設定3になる、というようなことはなくて、
その日設定1だったものは、その日のうちはずっと設定1です。

で、閉店後から次の日の朝にかけて、
設定変更された台を狙う立ち回りをリセット狙いと言います。
(設定変更狙いとも言えますが、設定変更のことを”リセット”と言うので、ここではリセット狙いとします)

機種によってはリセット時に強い恩恵がある台があるので、
そういう台に対してリセット狙いで立ち回ります。

 

上記の天井狙い・ゾーン狙い・設定狙い・リセット狙いの4つの立ち回りがある中で、
一番おススメはダントツで天井狙いです。

理由は単純作業でよくて、。打ち始めG数とやめどきG数を守るだけで稼げるからです。
あと100%当たるから出玉が確保できて収支が安定するメリットがあります。
あとデメリットは、当たるまで打ち続けないといけないから時間効率が悪い、と言えますね。

 

ゾーン狙いの特徴は、
天井狙いのプチバージョン的な立場です。
あと100%当たるわけじゃないから収支が安定しにくいデメリットがあります。
ただ時間効率がいいというメリットがあります。

 

設定狙いについてですが、
結論から言うと、設定を見抜くとは非常に難しいです。

設定狙いができるようになると時給が5000円は余裕で達成できて、すごく稼げるのですが、
その反面、設定狙いは完全に上級者向けのため初心者である場合は設定狙いをしないことをおススメします。

この台は設定6かなー、と思ってその台をぶん回していると結果的に設定1だったことが判明いうことはよくあることですし、

このようなあいまいな立ち回りをしていると収支が全然安定しなくて資金が尽きてしまう可能性が激高なので、
最初のうちは天井狙いに絞って立ち回るのがいいと思います。

僕自身も天井狙いを主軸にして稼いでいたので、最初のうちは設定狙いは気にしなくて大丈夫だと思います。

 

リセット狙いの特徴は、
天井狙いをしている間の暇つぶし、という程度でリセット狙いを実践するのがいいと思います。

なぜかというとリセットされるタイミングが1日一回だけで、
1回ボーナスを引いて当たってしまうとリセット恩恵がなくなってしまうことになからです。
リセット狙いをする頻度が少なくなるのが特徴です。

そのためリセット狙いだけで月10万も稼ぐのは難しいので、
天井狙いをメインにしつつ、その隙間時間にリセット狙いを実践するのがベストだと思います。

 

まとめると、

●天井狙い
・一番おススメ
・収支が安定しやすく稼ぎやすい
・当たり続けるまで打たないといけないから時間効率が悪い

●ゾーン狙い
・100%当たるわけじゃないから収支が安定しない
・時間効率がいいため、期待値は稼げる

●設定狙い
・上級者向けのため、最初のうちは実践しないことをおススメします

●リセット狙い
・打つ頻度が少ないからメインの立ち回りには向いていない
・メインを天井狙いにして、合間にリセット狙いするのがベスト

 

ということで最初スロットで稼ぐことに慣れていない場合は、
天井狙いから始めることをおススメします。

次の記事では、天井狙いを始めるにあたって大切な「機種名の把握」について説明しています。
ぜひご覧ください。

【パチスロの稼ぎ方③】機種名の把握(超初心者向け)

 

どんな些細な内容の質問でも大歓迎ですので、
僕に質問したい場合はこちらからお問い合わせください!!

24時間以内には確実に返信します!!

PS. スロットに油断は禁物です

スロットにハマりこんでしまうと本当に危ないです。

僕はスロットをやり始めて6年近く経っているので、
それなりの経験値が溜まってきましたが、
これからスロットを始めよう!という人には、僕は本当にスロットをおススメしないです。

むしろ、もしあなたがまだスロットに手を染めていないのなら、今のうちにこの業界から撤退すべきだと思っているくらいです。

次の記事は僕の経験談を含めて書いているので、 スロットをやり続けようと思っている場合は本当に読んでおいてほしいと思います。

 

また、知識不足や、技術不足による無駄にお金を損しないための情報に特化したマニュアルを作成しています。

katsuオリジナルの「スロット完全攻略マニュアル」です。

これさえ知っていれば大丈夫!と言える
「スロットを打つには絶対知っておくべき最優先の知識」を紹介しているので
興味があれば、ぜひ読んでみてください。


次の10秒あれば回答できる超簡単な4つの質問にご回答いただければ、すぐに読むことができます!

【スロット完全攻略マニュアル】
受け取りフォーム

*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)




*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)





*
(複数選択可能です)




*




著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める26歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「秘密のノウハウ」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月に、生涯最高の日給24万7千円達成

【実績】
2012年4月以前、毎月10万円赤字のぼろ負け生活
2012年5月、天井狙い実践開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万円突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。

・・・

実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
秘密のノウハウ初実践から23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

コメントを残す

このページの先頭へ