期待値0.期待値を用いてパチスロで「理詰めで月100万円以上稼ぐ」先輩との出会い


  • button-only@2x 期待値0.期待値を用いてパチスロで「理詰めで月100万円以上稼ぐ」先輩との出会い



僕は大学2年の春まで、
関西の私大に通う、見た目普通の大学生でした。

と言っても、内実は違います。

実は、ちょっと前にモンスターハンターのスロットが出たことを知り、
ゲーム好きだった僕は、友人に誘われて乗りで人生初のパチスロを打ちに行ったのです。

パチスロの入り口なんて、
誰もがこんなものかもしれません。


初めて打つパチスロ、
何万円も勝てるかもと期待を胸に躍らせながら打ったモンスターハンター。


その結果は、マイナス10,000円。


増やしたお金で欲しいものを贅沢に返ることを想像していた僕に、
まるでのび太がジャイアンにやられるのと同じように、
僕の打っていた台のハンターはモンスターにギタギタにされ、
アルバイトで稼いだ労働数日分のお金が消し飛んだのです。


こう易々と僕が苦労して稼いだお給料を
たった1日でただのレバー叩いてボタンを3つ押すだけの遊びごときで、
パチンコ店にお金を譲るわけにはいきません。



「絶対に取り返したる!!」


僕は闘心を燃やし、奪われたお金を回収すべく、
来る日も来る日も、時間を空けてはパチンコ店へ行き、
何万も何万ものお金を費やし、
勝った日があれば、機嫌よく友人に晩飯をおごっては、
負けた時には、吸収されたお金を回収すべくATMへ直行し・・・


こんな日々日の繰り返しでパチスロを始めてたった1ヶ月で、
瞬く間にパチスロ廃人と化しました。


気づけばバイトで稼いだ給料は禅がkパチスロに使い込む日々・・・
ギャンブルであるパチスロは、
異性に趣味にされたくないランキング堂々1位。

当然彼女のおらず、
僕の欲望を満たせるものはパチスロで当たった時の、
下からじゃらじゃらメダルが出てくるあの感触だけでした。


「俺はいったい何のために生まれてきたんだ・・・」


そう思いながら、無残な精神状態でアルバイトをしている時でした。


「katsu君、最近パチスロ始めたんやっけ。結果はどんな感じ?」


とニコニコした笑顔で僕に声を掛けてくれたのは、
後に僕の人生の恩師となる先輩でした。


その先輩は僕以上のギャンブル中毒者で、
毎月の給料をその給料日に全額パチスロに投資するのは当たり前。

原チャでパチンコ店に向かう途中に車と衝突事故を起こし、
骨が折れていることに気付かず
そのままパチンコ店に向かったという人です。


また別の友人が言うには、
その先輩は毎日パチンコ店に現れるのは当然で、
「昨日は10万負けたー(T_T)」とみんなに結果を告げ、
その次の日には「昨日14万勝ったー(^o^)」と言ってくる。

しかもこの会話がほぼ毎日なので、
一体どこからそんな資金が湧いてくるんだと
みんなから不審に思われている闇に包まれたような人でした。


それに比べ、仕事中の先輩はいたってまじめで、
人に作業手順などを教えるのが丁寧でわかりやすいと評判で、
周りの人たちからも好かれ、信頼されているようでした。


僕も同様にその先輩とは普段から仲が良く、親近感があったので、
パチスロについて質問してみました。


「僕この前2万勝ったんですけど、次の日には一瞬で吸収されましたよ。先輩はどうなんですか?」


この時点では、僕は何ともないごく普通の質問をしていました。

先輩の返答は、
「んー、ちょこちょこ勝ってるかな」
というような感じでした。


以前までは10万負けた次の日にも大金を投資し、
運良く10万以上勝ってくるような先輩の言葉です。
こんな言葉は当てにせずに僕は自分で勝ち方を発見しようとし、
パチンコ店の傾向をつかむためにいろいろと観察しました。


数日かけて模索した結果は・・・

「昼頃に当たっている台を夜に打てば勝てる!!」

確かに昼頃に箱を積んでいる台を見てると、
その台は夜にもよく当たっているのを目にするのです。


このことに気付いた僕は早速実践してみました。

結果は・・・プレミアム:ラージャンボーナス!!

button-only@2x 期待値0.期待値を用いてパチスロで「理詰めで月100万円以上稼ぐ」先輩との出会い

「うぃーー、イケる!!これならマジで勝てる!!」

この時点でパチスロを始めてトータル収支マイナス8万円。
これなら8万取り返して黒字も一瞬や!


僕はまるで宝くじを当てたかのように有頂天になり、
快進撃を見せるのです。

1,000円、2,000円を投資すればすぐに当たり、
メダルが減ることなく1万円、2万円となってお金を回収できる日々。


パチスロとはこんなに楽しいものなのか。



当時アルバイトの給料以外にお金を稼ぐという概念がなかった僕にとって、

学校の昼休みにパチンコ店に行き、
当たっている台をチェックし、
授業が終わればパチンコ店に向かい、
その台を打つ。

この作業だけでお金を増やせるのです。

しかもアルバイトなんかよりよほど割のいいスピードでお金を稼げるのです。
(30分台の前に座っているだけで1万円以上の金額を簡単に稼げますからね。)


しかし、こんなのはただのビギナーズラックでした。


最初の快進撃でトータル収支がプラマイゼロまで挽回したものの、

マイナス2万円、マイナス3万円、マイナス3万円・・・

あっという間にスタート地点のマイナス8万円。


「おかしい、おかしいぞ。夜に打っても勝てねえ・・」

どうやったら勝てんねん。。。

button-only@2x 期待値0.期待値を用いてパチスロで「理詰めで月100万円以上稼ぐ」先輩との出会い

僕は今の状況が呑み込めず、
もはや放心状態となっていました。


アルバイトでは、先輩との関わり合いもあるので、
たまたまシフトが被った時に何となく聞いてみました。

「先輩、この前パチスロで勝ってるみたいなこと言ってましたけど、今でも勝ってるんですか?」

まあ、勝ってるはずはないだろう。
正直、パチスロ以外何も考えることのできなかった僕にとって他の話題もなく、
「俺も負けてる」という返答を聞いて自分を慰めたいという気持ちがあったせいか、
次の先輩の返答を聞いて驚きました。

「常勝常勝!!最近調子いっすわー!!」

まさかの返答でした。

パチスロとはギャンブルです。

本来勝てないのが普通なのですが、
唯一勝つ方法があるとすれば、
僕が数日研究して編み出した”昼にチェックして夜に打つ”という戦略。
これ以外に存在しないと思っていました。

また僕はこの先輩の言葉に、
どうしても信じることができない理由がもう一つありました。

それは、
バイトの時に身に着けるユニフォームと帽子が先輩のだけやたらとシワクチャで、
男の香りが漂っているのです。

洗濯代がもったいないのか、
ただ単に面倒なのかはわかりませんが、
1ヶ月以上原チャのカゴにユニフォームを放置しているとのことです。

バイト以外に少しでも収入があるならせめて服ぐらい洗えよ、
しかもシワクチャな先輩がパチスロで勝てて、なんで俺は勝たれへんねん。


僕はこう思いながら先輩に恐る恐る次の質問をしてみました。

「いや、常勝って言っても今の一瞬だけでしょ?」


しかし先輩は僕の質問に満面の笑みで答え、
僕は逆にその内容に恐怖を感じました。

「いや、もう数か月連続で勝ってる。先月は50万勝ったよ」


僕はもうこの言葉に衝撃を受けました。

パチスロをやったことがある人はわかると思いますが、
やみくもに打っていても1ヶ月で50万も勝つのはまず有り得ないのです。


当時大学生だった僕は、
バイトで汗水流して一生懸命頑張っても
せいぜい給料10万円。


それをたった、
レバーを叩き、
ボタンを押し、
パチスロを楽しみながら、


5倍の金額を稼いだというのです。

(しかもアルバイトでは年末調整があるので、
1年間でMAX100万円程度しか稼げませんが、パチスロでは青天井。)


僕はもう、その50万という数字を聞き、
藁をもつかむ思いで先輩にすがり付き、
アドバイスを求めて、一心不乱に話を聞きました。


その話の中で、
僕たちの地域はパチンコ店がいくつもあり、
先輩一人では地域全体を打ち切れないこともあるようで、
もう一人仲間がいた方が効率がいい、ということを聞きました。


この時僕は、パチスロ始めて1ヶ月の

目押しはろくにできない、
データカウンターの見方すらもしっかり分からない
熱血パチスロへっぽこ大学生。




同じバイト先にはパチスロを打つ人は他にも何人かいるのですが、
先輩が言うには、
パチスロでの勝ち方を他の人に教えても
実際に行動する人は誰一人としていなかったようです。


「katsu君って結構熱心に行動するタイプやんな。一緒にする?」


女神のような先輩のこの言葉に、
僕は救いの手を差し伸べるかのように、
二の返事もなくパチスロを教えてもらうことにしました。


で、

本当に稼げてしまったのです。


次が僕のパチスロでの実績です。

<実績>

2012年5月:
大学2年。先輩から教わったノウハウを初実践。初日にいきなり2万円勝つ。
この月、初月からパチスロだけで10万円ほどの収入を得る。

2012年7月:
パチスロだけでアルバイト以上の金額を安定的に稼げるようになり、
アルバイトを辞める。

2012年9月:
月収20万円達成。

2012年12月:
月収50万円達成。
パチスロの累計収入100万円突破。

2013年4月:
生涯最高の1日で247,000円を稼ぐ。
この時点でパチスロだけで毎月30万円は稼げるようになる。

2013年11月:
一応就活をするためにいったんパチスロから身を引く。
この時点でパチスロでの累計収入350万円突破。

2014年4月:
再びパチスロを開始。
知らない機種も増えていたがブランクなどは全くなく安定した収入を得る。

2015年3月:
両親に就職せずにパチスロだけで稼いでいく、とは言えず、
しぶしぶ就職することに。
パチスロでの生涯収入500万円以上。



では、なんで僕はこんな結果を出せたのか?


それを知るには、次のページの
期待値を知る必要があります。


この方法は、現在でも先輩や僕が実践し、
結果を出している方法です。

また、僕が先輩から教わり、実践し、
実績を出した方法をそのまま暴露しているので、
あなたが読み、実践しても、
そのまま僕と同じ結果を出せます。


次のページからは、先輩が今でも月50万以上稼ぎ、
僕自身も実践さえすれば、
最低月50万円稼げる「期待値戦略」について、
初心者にもわかりやすいように丁寧に解説してきます。

しかし期待値戦略だけを知っても意味はなく、
これに取り組むほとんどの人が挫折し、
稼げずに消え去っていく人の特徴なども解説しています。

しっかり稼げるようになるためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。


期待値1.期待値とは?毎月20万・累計500万を達成したkatsuのパチスロ理論

 

また文章を読むのが苦手な方のために、セミナー動画での解説もしています。

次ページの「期待値1.期待値とは?毎月20万・累計500万を達成したkatsuのパチスロ理論」と同じ内容のノウハウを解説していて、

視聴者の方からは「説明が丁寧で初心者でも簡単に理解ができて、非常に勉強になった」
とたくさんの方々から絶賛された動画です。


スマホさえあれば、いつでもどこでも視聴可能ですし、
現在は期間を延長して無料で配布しています。

きっとあなたのためになると思いますので、
興味があれば、ぜひ視聴してみてください。

他にもプレゼントを多数用意していますので、ぜひ受け取ってください^^

 

ここからセミナー動画を無料で視聴する

button-only@2x 期待値0.期待値を用いてパチスロで「理詰めで月100万円以上稼ぐ」先輩との出会い

このページの先頭へ