【スロット初心者向け×ルール】知っておくべきパチスロの暗黙のルール

  • 【スロット初心者向け×ルール】知っておくべきパチスロの暗黙のルール

こんにちは、katsuです。

パチスロに興味を持ち、いざパチンコ屋さんに足を運んでみて、
パチスロのルールが分からないから、怖くなって帰ったことはないでしょうか?

今回は、パチスロ初心者の方に向けた、
パチスロ界の暗黙のルールについてご紹介していきたいと思います。

まずは基本的なスロットの始め方のルールをお伝えし、
その後は、休憩をしたくなった時のルールや遊戯中の席を立つときのルールなど、
些細なタイミングでも暗黙のルールがあるので、詳しくご紹介していきたいと思います。

それでは見ていきましょう。

 

スロット台を選ぶときのルール

まずは、パチンコ屋に足を運び台選びから入ります。
台選びにもルールがあります。

まずは、空いている台を確保するときのルールですが、
下皿にメダルがあったり、タバコの箱が置かれていたり、
スロットの台のクレジットが残っている場合は、
他の誰かがその一台を確保している状態となります。

台を選ぶ時のルールとしては、何も私物が置かれていないを確認することです。

 

スロットを打つときのルール「ペナルティ」について

台を確保できたら、次はメダルを借ります。

メダルを借りるときのルールは、台の右あるメダル貸出機に紙幣を投入し、
貸出ボタンを押すことでメダルが出てきます。

紙幣は、1000円、5000円、10000円に対応しています。

メダルが出たら、基本的にはメダルを3枚入れてレバーを叩いて、
3つの停止ボタンを押していきます。

大切なのはボタンを押す順番です。

停止ボタンを押す順序としてのルールは基本的には、
左ボタン

真ん中ボタン

右ボタン
の順番に押すのがルールです。

【スロット初心者向け×ルール】知っておくべきパチスロの暗黙のルール

もし最初に真ん中ボタンや、右ボタンから押してしまうと、ペナルティが発生してしまい、
ボーナスに当選しなくなるで、絶対に避けなくてはいけません。

詳しいスロットの打ち方については、次の記事で解説しているのでぜひ読んでおいてください。

【スロット打ち方】3分でわかるスロットの打ち方(まとめ)

 

また機種によっては、
「右から押せ!」「真ん中から押せ」といった指示が出る場合もあります。

【スロット初心者向け×ルール】知っておくべきパチスロの暗黙のルール

この指示のことを「押し順ナビ」と言います。

この場合は素直に押し順ナビに従って、ボタンを押すようにしましょう。

 

ボーナス成立時の目押しのルールについて

ボーナスが成立して、なかなか「7図柄」や「BAR図柄」をリールに合わせることができなかった場合は、
隣で遊戯されている方や、周りのお客さんにお願いしてみましょう。

もしも、目押しを手伝ってもらったときは、お礼として缶ジュースなどをあげましょう。
(暗黙のルールというわけではありませんが)

 

また目押しについては、店員さんにお願いしても、
店員さんは法律によってスロットのボタンを押してはいけないルールとなっているので、
店員さんにお願いしても押してくれることはありません。

ボタンを押すタイミングを手拍子で合図を教えてくれますが、あくまでボタンを押すのはあなたです。

確実に出目を揃えるためには、
周りのお客さんに手伝ってもらうか、自力で目押しをできるようになりましょう。

目押し不要の機種を次で紹介しているので、ぜひご覧ください!

目押し不要なスロット!目押しのいらないおススメ機種6選

練習することですぐに見えるようになってきますので安心してください。

 

また、普通に台で遊戯していると「ホッパーエラー」という異常な音と共に台がエラーになる場合があります。

メダルの補充の合図です。

【スロット初心者向け×ルール】知っておくべきパチスロの暗黙のルール

この時は、焦らずに台の上にある、呼び出しボタンを押すことですぐに定員さんが駆けつけてきてくれ、メダルを補充してくれます。

 

トイレなど、席を立つ場合のルール

普通に台を打っているときにトイレに行きたくなります。
もちろん、打ちながらコーヒーやお茶、ジュースを飲んでいるので、
トイレに行きたくなっても仕方がありません。

そこで台を確保している状態で席を立つときのルールとなります。

席を立つ場合は、自分の台の下皿にメダルやものを置いていきましょう。

何もない状態でトイレに行ってしまうと、空いている台と見なされて、トイレから戻った時には、
他の誰かに座られてもおかしくありません。

一番の対処方法は、メダルを置いておくのがベストですが、タバコやジュースなどでも大丈夫です。

間違っても貴重品を置いてトイレに行かないように心がけましょう。

どれだけ、防犯カメラがついているとしても盗難されてしまう恐れもありますので、
貴重品で台を抑える事は辞めましょう!

 

長時間の休憩をしたくなった場合は

台を打っていると時間が経過するのが早く、
もう昼を過ぎてしまっているなんてざらにあります。

時間が経過するのは良いのですが、
長い時間を打っているとお腹がすいて休憩したくなります。

そこで今回は休憩をする時のルールとなります。
お腹が空いて、お昼休憩をしたいときや、少し用事ができてお店を少しだけ空けないといけない場合は、
呼び出しボタンを押して店員さんに休憩を取りたいことをお伝えしましょう。

ここで、しっかりと店員さんに休憩時間が何分あるのかを確認しましょう。

40分~60分の休憩時間が設けられていることが多いです。

しかし、お店によって休憩時間が違いますので、
いつもいくお店の休憩時間で慣れていると、
他のお店はもっと休憩時間が短くて、
台に戻った時は、時間オーバーで他の誰かに台を打たれているそんな事もありますので、
しっかりと店員さんにお時間を聞いてくださいね。

 

まとめ

まずは、台選びをする時のルールをしっかりと把握しておきましょう。

下皿にメダルはないか、下皿にタバコやジュースがないか、
またはクレジットに残りがないかを見ることが大切です。

このルールをしっかりと知っていることで、
トイレに行くときや休憩に行くときのルールもほぼ同じことが分かりますね。

台によって色々と打ち方は違いますので、
その台の楽しむ方を勉強して打つことをおすすめ致します。

以上、「知っておくべきパチスロの暗黙のルール」でした。

PS. スロットに油断は禁物です

スロットにハマりこんでしまうと本当に危ないです。

僕はスロットをやり始めて6年近く経っているので、
それなりの経験値が溜まってきましたが、
これからスロットを始めよう!という人には、僕は本当にスロットをおススメしないです。

むしろ、もしあなたがまだスロットに手を染めていないのなら、今のうちにこの業界から撤退すべきだと思っているくらいです。

次の記事は僕の経験談を含めて書いているので、 スロットをやり続けようと思っている場合は本当に読んでおいてほしいと思います。

 

また、知識不足や、技術不足による無駄にお金を損しないための情報に特化したマニュアルを作成しています。

katsuオリジナルの「スロット完全攻略マニュアル」です。

これさえ知っていれば大丈夫!と言える
「スロットを打つには絶対知っておくべき最優先の知識」を紹介しているので
興味があれば、ぜひ読んでみてください。


次の10秒あれば回答できる超簡単な4つの質問にご回答いただければ、すぐに読むことができます!

【スロット完全攻略マニュアル】
受け取りフォーム

*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)




*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)





*
(複数選択可能です)




*







スロットについて学ぼう!


著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める26歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「秘密のノウハウ」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月に、生涯最高の日給24万7千円達成

【実績】
2012年4月以前、毎月10万円赤字のぼろ負け生活
2012年5月、天井狙い実践開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万円突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。

・・・

実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
秘密のノウハウ初実践から23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

コメントを残す

このページの先頭へ