【スロット講座】知らないと損する3つの知識(スロット初心者)

  • 【スロット講座】知らないと損する3つの知識(スロット初心者)

こんにちは、katsuです。

スロットの初心者は講座をどのように受けるかを知るばスロットスキルが簡単に上達します。

 

どのようなことが学べるのか

スロットの初心者にとって一番知りたいことといえば目押しのコツであり、講座ではプロがボーナス絵柄を揃えるテクニックを教えてくれます。

講座の探し方はネットでキーワードを入れればすぐに出てきますが、目押し以外にもリールの絵柄の並び方や台の選び方などの情報を知ると効果的です。

リールの回転速度は1分間に80回転になり、直視ができたとしても狙って止めることは至難の業になります。

小役奪取打法はDDT打法とも呼ばれ、基準となる絵柄を毎ゲームのたびに1周で押せるように練習を積み重ねると感覚を養えるものです。

初心者向けの機種はガルパンやバジリスク絆などがあり、講座ではすぐにその場で質問するようにすれば返信してもらえます。

目押しはただ単に適当にボタンを押すことだけでなく、丁寧に絵柄を合わせるよう意識して取り組めるようにすることが大事です。

スロットはさまざまな機種があり店によって設定が異なりますが、どれも同じものだと思わずに出やすいものを狙わないと飲まれるだけになります。

講座は受けるとこのような悩みを改善するきっかけになり、失敗する原因を探って勝率を上げるようにすれば取り返すチャンスがあります。

スロットはパチンコよりも軍資金を使うペースが早くなり、むだにお金を注ぎ込まないようにするためには講座を受けて覚えるべき知識を付けることが望ましいです。

近年ではネット上で情報商材が売られていますが、詐欺まがいのものも多く販売元が信用できるか確かめて購入する必要があります。

スロットはボーナスをいかに狙うかが重要で、一定以上の金額をつぎ込むと天井になり確実にボーナスモードになりますが、ここまでずっと負け続けると収支はマイナスになるという悪循環です。

ジャグラーの場合はBIGは300枚でREGは100枚獲得でき、Aタイプには天井がないためいかに目押しのコツをつかむかがポイントです。

AT機は押し順ベルというものがあり、大当たり中に出る押し順ナビにしたがって止めれば勝てます。

ARTは内部状態がリプレイ高確率に移行しやすく、打ちやすい台をいかに確保するかがポイントです。

また、大きく損をしないようにするためには辞め時を正しく決め、どのような状況にするのか確かめる必要があります。

 

稼げないときは何がだめなのか把握する

稼げないときは講座を受けて改善できることもありますが、目押しや台の選び方などそれなりに理由があるはずです。

初心者がやりがちなことといえば成り行きにまかせてストップさせる傾向が強いですが、何も考えずに打つといつの間にか損をしていることもあります。

スロットはパチンコと同じように考えがちですが、軍資金を使うペースは大幅に変わるものです。

初心者であれば20円スロットの店は誘惑に負けると一気に使い切ってしまうため、5円や2円など単価が低い店を優先して選ぶ必要があります。

基本的に、スロットはシンプルさがあり夢中になってしまいやすく、予備知識がないと設定が低い店に入って当たらないまま終わることもあるものです。

また、店では利用者を増やすために定期的にイベントを行い、設定を6にして当たりやすくする傾向があります。

ただし、先着順になるため開店前に並んで整理券を受け取る必要がありますが、実践して損はないためうまく考えると効果的です。

 

後悔をしないようにしよう

スロットはパチンコのように運要素に左右されることが少なく、リールの絵柄の並び方や特徴を知ると感覚を養えば勝てる可能性が高いです。

ただし、設定が低いと当たる確率は下がるため、イベントをいかに活用して覚えるかが重要になります。

スロットは成功すれば大きく稼げることが魅力ですが、覚えるべきことは多く一筋縄ではいかないものです。

ただし、設定があり高いとボーナスが当たりやすいなどのメリットがあり、事前に店のホームページなどで出玉情報を知るとチャンスを増やせます。

パチンコは台に座って釘の配置を確かめて選ぶと出やすい台を探しやすいですが、スロットのように大きく勝つことが期待できません。

スロットで勝つためには設定狙いなどを考えがちですが、初心者が考えると入らない地域もあり推奨されないものです。

このため、いかに目押しを活用して稼げるかが鍵になり、どのようにすれば良いか考える必要があります。

講座は目押しを中心に紹介してくれるため、初心者なら店舗に行く前にゲームセンターやスマホアプリで感覚を養うようにすると効果的です。

勝てる台を探すときは利用者が集まりやすく、最新の情報を確かめてチャンスを逃さないようにする必要があります。

スロットで勝つためにはある程度の失敗を経験しないといけませんが、途中であきらめずにやるべきことをしてから決めたいものです。

 

まとめ

スロットの初心者は講座を受けると新たなきっかけをつかめます。

PS. スロットに油断は禁物です

スロットにハマりこんでしまうと本当に危ないです。

僕はスロットをやり始めて6年近く経っているので、
それなりの経験値が溜まってきましたが、
これからスロットを始めよう!という人には、僕は本当にスロットをおススメしないです。

むしろ、もしあなたがまだスロットに手を染めていないのなら、今のうちにこの業界から撤退すべきだと思っているくらいです。

次の記事は僕の経験談を含めて書いているので、 スロットをやり続けようと思っている場合は本当に読んでおいてほしいと思います。

 

また、知識不足や、技術不足による無駄にお金を損しないための情報に特化したマニュアルを作成しています。

katsuオリジナルの「スロット完全攻略マニュアル」です。

これさえ知っていれば大丈夫!と言える
「スロットを打つには絶対知っておくべき最優先の知識」
を紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


次の10秒あれば回答できる超簡単な4つの質問に回答すれば、すぐに読むことができます!

【スロット完全攻略マニュアル】
受け取りフォーム

*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)




*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)





*
(複数選択可能です)




*







★ これだけは知っておくべき!スロットの最低限の知識まとめ ★


著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める26歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「秘密のノウハウ」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月に、生涯最高の日給24万7千円達成

【実績】
2012年4月以前、毎月10万円赤字のぼろ負け生活
2012年5月、天井狙い実践開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万円突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。

・・・

実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
秘密のノウハウ初実践から23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

コメントを残す

このページの先頭へ