スロットの初心者が準備する金額の決め方3つのポイント

  • スロットの初心者が準備する金額の決め方3つのポイント

こんにちは、累計500万勝ち、毎月勝率99%のスロプロkatsuです。

スロットの初心者はあまり多くの金額を持っていかないことが大事です。

 

事前に限度額を決めよう

スロットは天井狙いをすると確実に当選できるため、狙う方法もありますがここまで達するためには10万円以上必要になります。

軍資金は月々の給料などを考えて選びたいものですが、生活ができなくなるほど使ってしまわないように気持ちを整理することが大事です。

基本的に天井が決定する金額は10万円と決まっているわけでなく、台の設定や店のメダルの単価によって変わってきます。

初心者は20円スロットをすると非常にリスクが高く、5円や2円の店を探すことが望ましいです。

設定は店側が決めていますが、1から6まであり高くなれば当たりやすくなります。

限度額の決め方は人それぞれですが、金銭的に余裕がある分だけにして負け続けてなくなればスパッとあきらめるようにしないとお金にルーズになりやすく避けたいものです。

最近では単価が安いスロットや6号機などボーナスが当選しやすいものもあり、初心者であれば優先的に選ぶと天井まで必要な資金を減らせます。

限度額の決め方は人それぞれですが、月々の給料や生活費などを計算してすべて負けても支障をきたすことがないように決めることがポイントです。

一方、すべての機種に天井があるわけでなく、狙う必要がなく初心者であれば最高でも3万円以内にすると負けてもスパッとあきらめやすくなります。

 

店内で注意すべきこと

スロットは演出を楽しめますが、あたりが来ないとそのまま飲まれてしまうだけになります。

初心者であれば準備した軍資金がゼロになれば席を立つように考えますが、このあとに追加して貯金を下ろす行為は絶対に避けることが大事です。

スロットはパチンコよりも使う金額のペースが非常に早く、初心者であれば単価が高い店に行かないようにする必要があります。

このため、事前に辞め時をイメージしてすぐに席を立てるようにし、未練を残さずに店を足早に出るようにしたいものです。

店内は射幸性を高めるような音楽が流れて誘惑に負けることも多く、いつの間にか多くのお金をつぎ込んでいることもあります。

天井狙いは確実に当たるとはいえ店側が損をするため、現実的なものとは言えないものです。

初心者は弱気に勝負するといけないと考えるものですが、多くのお金を持って行ってすべてなくなってしまうと元も子もありません。

このため、誘惑に負けないように責任を持てないとスロットは厳しく、辞め時を事前に決めて「今日は出ないんだな」と思うように自分自身を制御すると良さそうです。

最近では体験談などをネットで検索でき、やめ時や店内の行動パターンなどを確かめ後悔をしないようにすると長く遊べるようになります。

スロットを始めるきっかけは人それぞれですが、失敗をしないようにするためには生活に必要なお金を使い込まないようにすることです。

軍資金を準備する方法は人それぞれですが、勝てないときにボーナス当選を信じて貯金を切り崩すことは絶対に避ける必要があります。

スロットの恐ろしいところはパチンコよりも使う金額のペースが早く、なおかつ勝てると信じてハマってしまうことです。

このため、スパッとやめることに自信がないなら向いていないと認識し、どのような人間性であるか確かめてから始めないといけません。

 

誘惑に負けないよう1日の流れを決めよう

スロットの初心者はパチンコを経験していればギャンブルの恐ろしさが分かりますが、なければ自分自身がお金に対してルーズでないことを確認する必要があります。

お金にルーズであるかは自分自身を見つめ直して確認し、衝動買いなどをしやすいならその時点でやめることが望ましいです。

スロットを始めるときは店に行く前にどのようにするか考え、余分な金額を持っていかないなど制限を設けるとなくなればすぐに店をあとにできます。

ただし、この時点で近くのATMで追加の軍資金をおろして使いたいと考えることもありますが、すると誘惑に負けやすくなって危険です。

このため、負け続けて所持金がなくなれば出ない日だと自分で察知し、次の日にチャレンジするなど考えるとリスクを回避できます。

スロットはゲームを楽しむような感覚ですると良いですが、お金に固執するようになれば使いすぎてしまうことが多いです。

また、初心者向けの店を探せば必要以上に使う心配がなく、当たってもそれほど稼げませんが5円や2円などの機種を探すと長く楽しめます。

また、当たっているときですが負けのモードに入れば所持金も減り、収支がマイナスにならないようにすると効果的です。

このため、負け続けていれば一定の金額を使った時点でやめ、勝っていても時間が来たらすぐに景品と交換して店を出るようにすると良いかもしれません。

スロットは金銭感覚を麻痺しやすく、取り返しがつかないようになると危険なため避けることが重要です。

 

まとめ

軍資金は生活に影響を及ぼさないようにし、やめ時を正しく決めることが重要です。

PS. スロットに油断は禁物です

スロットにハマりこんでしまうと本当に危ないです。

僕はスロットをやり始めて6年近く経っているので、
それなりの経験値が溜まってきましたが、
これからスロットを始めよう!という人には、僕は本当にスロットをおススメしないです。

むしろ、もしあなたがまだスロットに手を染めていないのなら、今のうちにこの業界から撤退すべきだと思っているくらいです。

次の記事は僕の経験談を含めて書いているので、 スロットをやり続けようと思っている場合は本当に読んでおいてほしいと思います。

 

また、知識不足や、技術不足による無駄にお金を損しないための情報に特化したマニュアルを作成しています。

katsuオリジナルの「スロット完全攻略マニュアル」です。

これさえ知っていれば大丈夫!と言える
「スロットを打つには絶対知っておくべき最優先の知識」
を紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


次の10秒あれば回答できる超簡単な4つの質問に回答すれば、すぐに読むことができます!

【スロット完全攻略マニュアル】
受け取りフォーム

*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)




*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)





*
(複数選択可能です)




*







★ これだけは知っておくべき!スロットの最低限の知識まとめ ★


著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める26歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「秘密のノウハウ」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月に、生涯最高の日給24万7千円達成

【実績】
2012年4月以前、毎月10万円赤字のぼろ負け生活
2012年5月、天井狙い実践開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万円突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。

・・・

実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
秘密のノウハウ初実践から23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

コメントを残す

このページの先頭へ