スロットの初心者が少ないお金で楽しむ3つのコツ

  • スロットの初心者が少ないお金で楽しむ3つのコツ

こんにちは、累計500万勝ち、毎月勝率99%のスロプロkatsuです。

スロットの初心者は少ないお金で遊ぶ方法を知ると楽しめます。

 

店の特徴を知ろう

スロットはリールを一度回すためには3枚のメダルが必要で、絵柄を揃えれば設定された枚数が払い出される仕組みです。

1枚あたりの金額は全店で共通しているわけでなく、20円が多いですが最近では5円や2円などもあります。

20円であれば1回リールを回すために60円必要で、100回すれば6000円です。

しかしながら初心者にとってこの金額は非常に敷居が高く、客離れを起こしやすく最近では5円や2円など低価格の店が増えています。

初心者はできるだけお金を使わずに楽しめるようにしたいもので、いきなり20円の店でなく5円や2円などにすると1万円でも2000枚と5000枚になって便利です。

ただし、この場合は勝っても交換できるレートが低くなりますが、大きく負けることと比べれば安心できます。

このため、最初は天井狙いを避けてゲームを楽しむような感覚ではじめ、利益を二の次にすると世界観を味わえて良いものです。

スロットはパチンコと比べて使いやすいため、誘惑に負けて多くのお金をつぎ込んでしまわないようにする必要があります。

また、人間は負けてしまうとそろそろ打てば出るものだと信じて続けますが、この考え方はかなり危険です。

このため、最初のうちは5円や2円など単価が安い店を探し、ゲームセンターで楽しむようにすると練習になります。

所持金は金銭的に余裕がある金額を把握し、負け続けても良いように決めることが望ましいです。

 

イベントの日が狙い目

イベントは店側が集客をするために定期的に設定し、通常よりも設定を甘くしてメダルを出やすくしています。

そのイベントで狙い目になることといえば天井で、一定の回数に達すると必ず当たる仕組みです。

天井狙いは確実に勝つ方法として考えたいものですが、通常の場合はかなり敷居が高く現実的なものとはいえません。

ただし、イベントになれば可能性がありますが、台によって設定内容が異なります。

最近では、店側がホームページや店頭のディスプレイなどでイベントの告知を行い、勝てるタイミングを逃さないようにすると効果的です。

しかしながら、当日は営業開始時間に合わせて店の前に行列ができ、混乱を避けるため整理券を配布する傾向があります。

整理券は行く時間が早いと番号が若くなり、好みの台を選びやすくなるため人気が高いです。

スロットはパチンコと比べると目押しで絵柄を揃えるコツをつかめますが、勝率を上げるためには経験を積む必要があります。

お金を使わずに勝ちたいと考えるとそれなりのリスクがありますが、イベントを狙うと勝率が上がって効果的です。

店は単価が低いと枚数を増やせ、リールを回せる回数も多くなります。

イベントの案内は店のホームページや店頭などで定期的に行い、時間に合わせて出やすい台を確保できるようにしたいものです。

 

大きな店を選ぼう

スロットが当たるタイミングは基本的に回数によって決められ、稼働が多くなれば確率が上がります。

このため、お金をかけずに長時間楽しめることが期待でき、多くの機種があり特徴を知るきっかけにすると便利です。

スロットの機種はノーマルとARTがあり、それぞれの違いを知ると好みに合わせて選べます。

ARTはアシストリプレイタイムで、メダルを入れずに一度だけレバーを回せばでき、液晶や音声だけで押し順をナビしてくれて便利です。

初心者であれば手軽に操作したいもので、設置している店舗を探すと経験を積めます。

大きな店は広いですが多くの機種があり、人も多くて落ち着いてできることが特徴です。

初心者向けの機種は大型店舗であれば分かりやすいように案内しているため、お金をかけずに長時間楽しめます。

スロットの機種は多くの作品があり、初心者ならデザインや演出などを楽しむと良さそうです。

店は2円や5円などの低価格になれば多くの枚数のメダルを使え、焦らずにゆっくりと押すようにすれば絵柄の並び方を研究できます。

店舗はパチンコと一緒に置いていればついでにすると違いが分かり、金銭感覚が麻痺しないようにすると効果的です。

スロットの遊び方は人それぞれですが、最初のうちはモードの移行など演出を楽しめるようにすると面白くなります。

本気で勝負をしたいと考えるなら機種ごとの特徴を確かめ、勝てるようになってから挑戦すると良さそうです。

少ないお金で勝つことは単価が低くないと難しく、なおかつ設定が甘いタイミングで行くようにしないと限界があります。

初心者は金銭感覚を麻痺しないようにしたいもので、単価が低い店を探して限度を決めることが望ましいです。

やめ時を決めるタイミングは人それぞれですが、勝っている場合には時間と相談して選ぶとスパッと席を立てるようになります。

 

まとめ

スロットの初心者がお金をかけずに楽しむためには店の選び方が重要で、単価が低くイベントを狙うと便利です。

PS. スロットに油断は禁物です

スロットにハマりこんでしまうと本当に危ないです。

僕はスロットをやり始めて6年近く経っているので、
それなりの経験値が溜まってきましたが、
これからスロットを始めよう!という人には、僕は本当にスロットをおススメしないです。

むしろ、もしあなたがまだスロットに手を染めていないのなら、今のうちにこの業界から撤退すべきだと思っているくらいです。

次の記事は僕の経験談を含めて書いているので、 スロットをやり続けようと思っている場合は本当に読んでおいてほしいと思います。

 

また、知識不足や、技術不足による無駄にお金を損しないための情報に特化したマニュアルを作成しています。

katsuオリジナルの「スロット完全攻略マニュアル」です。

これさえ知っていれば大丈夫!と言える
「スロットを打つには絶対知っておくべき最優先の知識」
を紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


次の10秒あれば回答できる超簡単な4つの質問に回答すれば、すぐに読むことができます!

【スロット完全攻略マニュアル】
受け取りフォーム

*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)




*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)





*
(複数選択可能です)




*







★ これだけは知っておくべき!スロットの最低限の知識まとめ ★


著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める26歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「秘密のノウハウ」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月に、生涯最高の日給24万7千円達成

【実績】
2012年4月以前、毎月10万円赤字のぼろ負け生活
2012年5月、天井狙い実践開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万円突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。

・・・

実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
秘密のノウハウ初実践から23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

コメントを残す

このページの先頭へ