スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

  • スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

こんにちは、katsuです。

友達や知人からパチスロは楽しいよって勧められて、
すごく興味が出るのですが、
いざパチスロを始める際にどうしたら良いのか分からずに
不安になるのがパチスロ初心者の正直な気持ちだと思います。

そこで今回は、パチスロをこれから始めたいと考えているあなたに、
スロットのやり方や基本的な台の打ち方などをご紹介していきたいと思います。

パチスロ初心者の方への基礎知識となります。

 

パチスロの基本的な流れと打ち方について

まずは、パチスロのお店に足を運び、打ちたい台から選びましょう。

今では、いろいろなアニメもパチスロに登場していますので、
昔見ていたアニメなどの台を選ぶことで更に楽しさが沸いてきます。

台選びを行い、この台を打つと決めたらまずは、その台に座りましょう。

そして、お金を入れて始めるのですが、基本的にお金を入れるサンド(投入口)は、
スロット台の右上辺りがほとんどです。

スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

 

お金は、お札のみが対応となっており、1000円札、5000円札、10000円札がに対応していますが、
古くからあるお店では1000円札のみしか扱えないお店もあります。

お札を入れた際にすぐにコインが出てくる店舗もあれば、
お金を入れた後に貸し出しボタンを押したらコインが出てくる店舗があります。

ですので、お札を入れてコインが出てこないと焦らずに、
その場合は、スロット台の右側にある投入口の下にある貸し出しボタンを探して、
ボタンを押しましょう。

次に、そのお店のコインのレートをしっかりと把握しましょう。

スロットは、20円スロットを等価交換といい、基本的なベースとなります。
最近になり10円スロットや5円スロットといった長く遊ぶことのできる遊技台も増えてきています。

基本的にコインは、1000円単位で出てきます。

20円スロットの場合は、コイン1枚が20円ですので50枚のコインが1000円で出てきます。

10円スロットの場合は、1000円で100枚ですので、20円スロットより2倍の長さ楽しむ事ができ、
5円スロットの場合は、1000円で200枚でてきますので、4倍もの長い時間楽しむ事ができます。

もしも1万円や5千円を入れた場合は、貸出ボタンを1回押すことに1000円分のコインが出てきますので、

なくなったらまた、貸出ボタンを押してコインを出す流れとなります。

それでは、コインをスロットの台に入れて始めるのですが、
基本的には3枚入れてレバーを叩きます。

コインは50枚入れる事が出来き、
一度に数十枚のコインを入れた場合はMAXBETボタンを押すことで3枚のコインを入れたことと同じになりますので、
そのままレバーを叩いて回していきましょう。

スロットは、基本的に左→中→右の順でボタンを押して止めるのが基本的な打ち方になります。

 

初心者でも楽しむ事のできる台の打ち方

打ちたくてワクワクして店内に足を運ぶ事だと思いますが、
まずはすぐに台を選ぶのではなく、
店内をグルグルと何度も回って観察することも大切です。

ですので、店内をグルグルと観察しながら、出ている台、要は勝っている台があれば、
その台があくまで辛抱強く待つことも大事です。

また、初心者の頃は、レートの低い5円スロットや2円スロットなどで、
その台その台のゲーム性をしっかりと理解することも大切です。

20円スロットよりもすごく長く打つことができるので、
楽しさも倍増すると思います。

何よりもゲーム性を理解することが何よりも楽しさ倍増に繋がりますし、
やはり勝ちたいのであればまずは機種を誰よりも知ることが大切です。

打ち始めればボーナスにも当たり、メダルがじゃらじゃら増えるので、
メダルが多くなればドル箱に詰め替えましょう。

スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

 

また、当たりが続いてメダル増えすぎた場合には、
ドル箱を補充しましょう。

通路にドル箱が置かれているので、あなた自身で取りに行きましょう。

スロットはパチンコとは違い、店員さんがドル箱を持ってきてくれる、というこてゃあまりないので、自分自身でドル箱を補充する必要があります。

ドル箱が3個も4個も増えた場合には、
やっと店員さんが来てくれて、席の後ろに置き換えてくれます。

 

パチスロを終了するときはドル箱にコインを

もう充分に満足した、急に用事ができた時などスロットをやめる場合は、
まずは、スロット台の右にあるカード返却ボタンをおして、残高カードを出します。

その後、スロット台にあるコインをドル箱に入れて、
ジェットカウンターという機械があるところまでコインを運びます。

 

ジェットカウンターとは、簡単にいうとコインの枚数を数える機械です。

スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

 

ジェットカウンターは、必ず定員が流しますので、
勝手に流すことなく定員が来るのを待ちましょう。

お店によっては、ジェットカウンターに定員呼び出しボタンがあるお店もあります。

メダルを流すと、コイン枚数が記載されたレシートが発行され、定員さんに渡されます。

 

補足:今ではドル箱の要らないお店もある

最近だとメダルをドル箱に詰める必要のないお店もあります。

下皿に集まったメダルを、台の横に設置された計測器に自分で放り込んでいくのです。
メダルを放り込めば自動でメダル枚数が計測されるので、ジェットカウンターに持っていく必要もありません。

スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

 

もらったレシートを受付カウンターに持って行くとコインの枚数に応じた景品やお菓子と交換することができます。

スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

 

景品は店外に設置されている換金所に持って行きましょう。

換金所が初めてのいくお店では分からない場合は店員さんに聞いてから行くようにしましょう。

景品を渡してお金を受け取ったら終了となります。

どのくらいのお金を使用し、どのくらいの換金したお金があるのか、
増えていれば勝ちですし、減っていれば負けという事ですね。

 

まとめ

パチスロ初心者は、まずは低いレートでじっくりと機種の事を学びましょう。

分かれば分かるほど面白くなり、勝ちやすくなると思います。

また、10000円札や5000円札を投入口に入れている場合で、残高がある場合は、
やめた時にそれを忘れないように必ず返却ボタンを押すようにしましょう。

スロット初心者のための打ち方やドル箱の使用方法

 

意外にもパチスロをやってる方で返却をするのを忘れたことがある方は、
非常に多くいます。

それでは、あなたにあった楽しい機種でじっくりと楽しんで下さいね。

PS. スロットに油断は禁物です

スロットにハマりこんでしまうと本当に危ないです。

僕はスロットをやり始めて6年近く経っているので、
それなりの経験値が溜まってきましたが、
これからスロットを始めよう!という人には、僕は本当にスロットをおススメしないです。

むしろ、もしあなたがまだスロットに手を染めていないのなら、今のうちにこの業界から撤退すべきだと思っているくらいです。

次の記事は僕の経験談を含めて書いているので、 スロットをやり続けようと思っている場合は本当に読んでおいてほしいと思います。

 

また、知識不足や、技術不足による無駄にお金を損しないための情報に特化したマニュアルを作成しています。

katsuオリジナルの「スロット完全攻略マニュアル」です。

これさえ知っていれば大丈夫!と言える
「スロットを打つには絶対知っておくべき最優先の知識」を紹介しているので
興味があれば、ぜひ読んでみてください。


次の10秒あれば回答できる超簡単な4つの質問にご回答いただければ、すぐに読むことができます!

【スロット完全攻略マニュアル】
受け取りフォーム

*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)




*
(ピシャリな選択肢がない場合は、一番近い選択肢にチェックしてください)





*
(複数選択可能です)




*







スロットについて学ぼう!


著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める26歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「秘密のノウハウ」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月に、生涯最高の日給24万7千円達成

【実績】
2012年4月以前、毎月10万円赤字のぼろ負け生活
2012年5月、天井狙い実践開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万円突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。

・・・

実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
秘密のノウハウ初実践から23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

コメントを残す

このページの先頭へ