ライバル皆無、規制の影響なし、負ける心配0のノーリスクで稼ぐ手法とは??





【プロフィール第二話】雇われて稼ぐアルバイトが最強だと思っていた

  • button-only@2x 【プロフィール第二話】雇われて稼ぐアルバイトが最強だと思っていた

インターネットを活用した不労所得を得る方法について説明していきますが、
それをお伝えするには、
僕の経験やプロフィールを語らずして説明することができません。

僕は大学生時代にスロットやネットビジネスといった、
いわゆる「非常識なお金稼ぎ方法」に出会うわけですが、
それらの非常識な手法に興味をソソられたり、魅力を感じたきっかけは、
やはり僕の「過去の経験」がすべての根源となっています。

ということで、
プロフィールがてら僕の育ってきた環境について、
お話していこうと思います。

 

「お金」が大好きな小学生

button-only@2x 【プロフィール第二話】雇われて稼ぐアルバイトが最強だと思っていた

 

僕は物心ついた頃からお金が好きでした。

しかも、それは小学生時代の9歳や、10歳のころからでした。

 

例えば、ゲーム屋のチラシを見比べて、
「安く仕入れて高く売れないかなー」
なんてしょっちゅう考えていました。

木曜日には古本市場のチラシが入っていて、
金曜日には、近所の家電量販店エディオンのゲームコーナーのチラシ、
土曜日には、GEO、ジョーシンのチラシが入ってくるので、

それらのチラシに書かれているゲームソフト買取価格表や、
激安・特売セールスの欄の商品を見比べて、
「10円でも、100円でもいいから何か儲かる商品はないかなー」
夜遅くまで枕元でチラシとにらめっこするのが日常でした。

 

持っていたゲームソフト(ゲームボーイのスーパーマリオとかポケモンとか)を売るときには、
どのお店が10円でも高く買い取ってくれるかを調べるために、
近所のゲームショップ全てに片っ端から電話して確認する、という努力をした覚えがあります。

 

まっ、流石に小学生ということもあり、
大した知恵や知識もないので、1円も稼げることなく小学生時代は終わりましたけどね。

 

ゲーム転売で自力で1万円稼いだ中学生時代

小学生の頃から引き続いて、ゲームショップのチラシは毎週チェックしていました。

そして、14歳の中学2年のとき、
ついに見つけたのです。

 

近所にショッピングモールがオープンしたのですが、
グランドオープン記念ということで、ゲームソフトが大安売りされていました。

500円で販売されていたゲームが、
GEOで売れば1500円になる、という奇跡の商品を見つけました。

【ポケモンXD闇の疾風ダークルギア】
button-only@2x 【プロフィール第二話】雇われて稼ぐアルバイトが最強だと思っていた

 

僕は有頂天になってお金があるだけ買い占めて、
近所にGEOが2店舗あったので、チャリこいで往復しまくりました。

中学生がゲームを買い取ってもらうときには保護者に承認の電話がいきます。

そのときちょうど母が忘年会かなにかで飲み会中だったのですが、
そんなことお構いなしに僕は近所のGEO2店舗を往復して、ポケモンを売りまくりました。

母からは、「飲み会中何度も電話が鳴るから楽しめなかった」とあとで怒られましたが、
その甲斐あって、僕は合計1万円ほど稼ぐことができました。

 

中学生にしては大金です。

1000円札と、500円玉が財布にパンパンに入っていたので、
その景色を眺めながら、うきうきワクワクしていたのを覚えています。

 

しかし、
このポケモンのように1000円も稼げる商品ってそんなに簡単に見つけることはできないですし、
100円儲かるソフトすらも滅多に見つからないので、
稼げたのはこの一時的なものでした。

しかも1500円だった買取金額も数日後には500円に値下げされたので、
ダークルギアでは全く稼げなくなりました。

僕の心は単発花火のように、
一時的に豪快に打ち上げられましたが、勢い付いていた僕の意欲は一瞬にして散っていきました。

 

僕はこの経験を通すことで、

「転売で稼ぎ続けるには常に商品を探し回る必要があって、ポンポンと見つけれるわけじゃないので非常に難しい」
ということと、
「買取金額という、お店側のさじ加減ひとつで次の日には稼げなくなる可能性のある”他社に依存する稼ぎ方”は良くない」

ということを学べました。

 

これが僕の中学生時代のエピソードです。

 

「雇われて給料もらうのが一番稼げる」と思った高校生時代

button-only@2x 【プロフィール第二話】雇われて稼ぐアルバイトが最強だと思っていた

 

僕は私立高校に通うことになりました。

偏差値50くらいの、一応進学校というポジションの高校です。

高校の方針で、アルバイト禁止だったのですが、
自分の一人部屋にテレビだけがどうしても置きたかったので、親を説得して、
テレビ買うことを目的に、バイトを始めることにしました。

もちろんバイトのことは学校には黙っていました。

友達の勧めもあり、全国チェーンの某回転寿司でバイトをすることにしました。

 

初出勤のときはドキドキしながらのスタートでしたが、
いざ働いてみると、難しいことは何一つありませんでした。

作業マニュアルがあるので、その通りに作業をこなすだけです。

お寿司はロボットが作るので、出てきたシャリ(にぎりめし)をお皿の上に乗せて、
マグロやえび、サーモンなどの具材をシャリの上に乗せて、そのお皿をレーンの上に置くだけです。

うどんや茶碗蒸しを作ることもありましたが、
マニュアルがあるので、うどん器に、麺一玉入れて、ダシをすじきり一杯入れて、
昆布を30グラム載せる、といった幼稚園児でもできそうな簡単な作業です。

皿洗いなんて、皿をかき集めて、食器洗い機にまとめて突っ込むだけなので、
サルでもできるような作業です。

 

すべての作業がマニュアル化されていました。

 

そして、そんな簡単な作業を続けること、1ヶ月。

初めての給料が僕の銀行口座に振り込まれました。

33,000円という大きい金額ではなかったですが、
初めての体験で、新鮮な感覚だったので、
素直に嬉しかったのを覚えています。

 

飲食店でのバイトだったので、昼の12〜14時、夜18〜20時の時間帯は忙しかったですが、
しっかりと「給料」がもらえるので、不満は全くありませんでした。

むしろ「不満を感じる」どころか、
中学時代にゲーム転売を経験しているので、

マニュアル通りにシャリの上にまぐろ乗せたり、エビ乗せたり、うどん作ったり、茶碗蒸し作ったりと、
「決められた作業を一定時間こなすだけで確実にお金がもらえる」
というのは、めちゃくちゃラクで美味しいと感じました。

転売で稼ぐには、安いゲームを仕入れる必要がありますが、
安いゲームを探したり、高価で買い取ってくれるお店を見つけるのって、
めちゃくちゃ大変ですし、

当時はネットも普及しておらず、アマゾンやヤフオクに出品する、
といった効率的なアイディアなんて全くありませんでした。
(高校生やから年齢制限あるし)

 

だから、寿司屋でバイトしていた僕は、

「こんな簡単な作業でお金稼げるとか、最高や!」

と、無邪気にこんなことを思っていました。

 

それから、アルバイトは2年間も続けることになりました。
(ちなみに辞めた理由は、大学受験が迫っていたから)

〇〇が欲しい!!とか、
お金がないと生きていけなーい!!
みたいな状態からは程遠く、
バイトする必要性は全くなかったのですが、

バイト先の友達と一緒にいて楽しかったですし、
お金もしっかり稼げるので、それなりに楽しんでバイトを続けていました。

 

で、そのバイトを辞めた時の貯金額が
なんと70万円。

高校生にしてはけっこう多い方じゃないかな、と思います。

 

高校生というと、
小説や雑誌、ゲームソフトや服、
友達とレストランに行ったりと、色々お金を使うものだと思うのですが、

僕はそのようなアクティビティは頻繁にはなく、
月に数回友達とご飯食べたり、映画見に行ったりしましたが、月1〜2万円あれば十分でした。

たまにパソコンとか買ったりしましたが、
バイトでは月7〜8万円稼ぐので、明らかに収入のほうが多くなり、
その結果どんどんと貯金が増えていきました。

 

「テレビを買いたい」という思いで始めたアルバイトが、
目的のテレビ購入は3ヶ月ほどで達成して、そのあと2年近くの年月を
〇〇が欲しい!という目的一切持たずに、「お金稼ぎ」だけのためにダラダラ続けて70万円も貯めるという、始末。。。

 

ゲーム転売で70万円稼ぐなんて当時の僕には到底不可能です。

そういう意味からも、お金を稼ぐには、
「雇われてバイトしてお金を稼ぐのが一番堅実でラクな方法」だと思いました。

あと、単純に貯金額が増えるのは楽しい、という。。。

 

以上が、僕の高校生時代のエピソードです。

 

次は大学時代です。

アルバイトという誰もが経験するような、普通なことに注力していた高校時代とは違い、
「スロット」というちょっと非日常な分野な世界に迷い込み、
挙句の果てに、ネットビジネスというさらなる未知の領域へ足を踏み入れます。

⇒ 【プロフィール第三話】お金が全て&プロや専門家に相談すべき

 

▼▼▼ 明日のあなたの勝利を願ってPUSHを!! ▼▼▼
クリックで「勝舞あり!」に変わります
(1日1回)



ライバル皆無、規制の影響なし、負ける心配0のノーリスクで稼ぐ手法とは??




著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める25歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「期待値戦略」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月、日給24万7千円達成

【実績】
2012年5月、パチスロ開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。


実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
天井狙い初実践で23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

面白い!と感じたら「いいね!」をお願いします!


ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
応援ボタンをぽちっとクリックしてくれると嬉しいです^^
  ↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログへ  






以下では、
「最短1ヶ月で月収20万円稼ぐためのロードマップ」として、
スロットで稼ぐための知識・情報を順序立てで解説しています。

月100万円以上稼ぐ先輩から教わったノウハウも解説していますし、
僕がこれまで経験してきた数年以上に渡るテクニック・ノウハウも交えて説明してるので、
あなたが月収20万の常勝スロッターになるのは、
以前の僕よりも、はるかに簡単なはずです。
ぜひご活用ください。

1.戦略編 まずは勝ち方を知る
【パチスロで覚えること】勝つために必要なたった3つのポイント

スロットの知識がない・・・そんなあなたにお届する知識0からたった1ヶ月でスロット勝ち組に入る方法

【パチスロは設定1でも勝てる!】勝てる台と負ける台の見分け方を知って月20万円稼ぐ

「前日出た台」「角台」よりも”圧倒的に勝てる”台の選び方

【初心者向け】座った瞬間に”勝ち”が確定するスロット台の選び方

【初心者向け】スロットの仕組みを知るだけで月20万円勝てる!?

【スロット×店選び】勝てるホールを選ぶ3つのポイント

【パチンコ×スロット】毎月1万円の損をする!!会員カード作成は必須

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

2.実践編 イメージに落とし込む
【牙狼 守りし者】689ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記

【アナザーゴッドハーデス奪われたZEUSver.】958ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記

【スーパービンゴプレミアム】411ハマりを拾ってゾーン狙いしたときの稼働日記

【エヴァンゲリオン魂を繋ぐもの】REG後465ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記

【ミリオンゴッド神々の凱旋】733ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記

【押忍!サラリーマン番長】191ハマりを拾ってゾーン狙いしたときの稼働日記

【バジリスク~甲賀忍法帖~絆】詳細な知識を介入して、 さらに期待値を底上げできたときのバジ絆の稼働日記

【モンスターハンター狂竜戦線】天井狙いして、やめどきを間違えずに、しっかりと期待値を取り切った時の稼働日記

【バジリスク3】天井狙いした時の稼働日記

【北斗の拳~修羅の国篇~】天井狙いした時の稼働日記

3.行動編 まずは負け組を脱出し、黒字を目指す
負けてイラ立っている時こそ冷静に・・・

まるでロボット??心を「無」にして立ち回れば1ヶ月で20万勝てる!

スロットで稼ぎたければ、友人と打ちに行ってはいけない

「敵・ライバルがいてるから勝てない」←間違い!!

負けてばかりで辛い?? いいじゃないか負けてばかりで。だからこそライバルが減って自分が勝てる

周りのスロッターはだいたいアホだから安心しな

「打たない」ことも大切

4.常勝編 応用テクニックを駆使し、月収20万円を目指す
(おさらい)スロットで稼ぐベストな方法は天井狙いで、その天井狙い初実践でスロット初心者がいきなり23000円勝った時の稼働日記

期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

宵越し天井狙いを応用して、ゾーンのある機種をリセット判別して、ライバルを出し抜く方法と、その具体例

【理論だけじゃ勝てない?】天井狙いをやっても全く勝てずに、行き詰っているときの唯一の解決策



コメントを残す

このページの先頭へ