月収20万円完全到達マニュアルを無料配布中!!




期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

  • 期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

スロットで稼ぐには、
まずは天井狙いから始めるよう、
僕はいろんな人におススメしています。

しかし彼らが、いざ天井狙い実践しようとしても
「台が拾えない」
という問題が立ちはだかって、
その先に進めず、スロットで稼ぐことを諦めてしまう人がよくいます。

「ハマっている台を打っている人がいても、その台が空かない」
「ライバルに先を越されて、いつの間にか台を奪われている」
「台が空いたとしても期待値1000円未満なので打つのに抵抗がある」

天井狙いをすれば稼げる、ということが頭で理解できていても、
肝心なことに、
「期待値2000円以上の台が拾えない」
という問題にぶち当たってしまい、
スロットで稼ぐことに躓いてしまうのです。
(天井狙いをするときは、期待値2000円以上の台を打つよう僕はおススメしています)

 

これってスロット初心者が陥りがちな、
よくある挫折の壁だと思います。

実際に、
僕が友人に天井狙いで稼げることを教えたとき、
彼はその天井狙いを実践してみたものの、
台が拾えない、と言って諦めてしまいました。

彼は一日しか取り組んでおらず、
まじめに稼ぐつもりではなかったようなので、
僕も彼に強く言い返しませんでしたが、

もし彼が、良い台がポンポンと手際よく拾えるようであれば、
彼もスロットを続けていたと思います。

他には
「理論上天井狙いで稼げることは分かったけど、
そもそもそんな期待値プラスの台が空くわけがない」と言って、
最初から諦めている友人もいました。

まあスロットで稼いだことのない人からすると、
そう思うのも無理のないことかもしれません。

 

でも、そう言って諦めてしまっては、
スロットで稼ぐどころか、結局これまでと同じように、
勝てないスロット生活を送り続けることになります。

昨日と同じ今日を送って、
今日と同じ明日を送ることになるので、状況は何も変わらないです。

日々スロットで負ける生活を送って、
1か月間で10万円以上負けることになり、

さらにはギャンブル中毒になってしまって、
恋人や家族からも見捨てられ、

最終的には誰からも相手にされない孤独な生活を
一生送っていくことになりかねないです。

最悪のケースは、
歩道で眠る小汚いホームレス姿に成り果ててしまいます・・・。

 

ここまで言うとちょっと大げさかもしれませんが、

もし現状の「スロットで負ける日々の生活」を維持してしまうと、
上記のような不運な事は、十分起こり得ることだと思います。

実際に、世の中には
パチンコや競馬のようなギャンブル中毒が原因で、
家族から見捨てられて、
自殺してしまった人も存在するわけですから。

でも、本当にスロットで稼ぐための真っ当な方法は存在しないのか?

「天井狙い」という、理屈だけの話ではなく、
稼ぐための現実的なテクニックは存在しないのか?

もちろん百発百中で、
100%稼げる方法やテクニックを見つけるのは難しいかもしれません。

でも、地道にコツコツと成果を出す方法は存在しますし、
理論だけではなく、しっかりと結果を出すためのテクニックも存在します。

 

そもそも、なぜ台を拾うことができないのか?

理由は簡単ですね。
天井くらい誰でも知っているからです。

天井間近のもうすぐ当たる状態のときに、
誰もその台から移動するわけがないのです。

このご時世、おじいちゃん・おばあちゃんですらも、
”天井”という言葉を知っています。
初めてパチンコ店に足を踏み入れるスロット初心者でない限りは、
全員が”天井”を知っているでしょう。

実は、僕自身今までにモンハン1370ハマりという
超お宝台を拾ったことがありますが、これは超例外です(笑)

基本的に、こんな奇跡な台を拾うことはできないので、
期待しない方がいいですね。

その時の状況を以下の記事で綴っていますので、良かったら見てみてください。
「熟女ババアと口論になりながらも、モンハン1370ハマりを拾った話」

 

天井狙いで稼ごうと思ったところで、
ほとんど全員が天井を知っていて、天井の近い台が拾えるわけがないから、
「天井狙いをするのは無駄だ」と思えるかもしれません。

 

しかし、そんなことはありません。

なぜかといと、
天井間近の台は空かないけど、
期待値プラスの台は意外と空くからです。

例えば、
天井1000Gの台が990Gの状態で空き台になることは、
ほぼ有り得ませんが、
550Gくらいであれば意外と拾えます。

ゴッド系の機種(ミリオンゴッドやアナザーゴッドハーデスなど)の
天井G数は1500Gや1600Gとなっています。

これらの機種を打ち始めるG数は
だいたい700Gや800Gから打ち始めることがほとんどです。

ごくまれに1000G超えから打ち始めることもありますが、
そんなのは奇跡レベルで、
1300G、1400Gから打ち始めることなど、1年に1回もないです。

勝率が100%だからといって、
天井まで残り100Gや200Gのお宝台を狙っていては、
逆に台を拾えなさ過ぎて、全く稼げないです。

拾えたとしても1年に1台程度なので、
年間数千円~数万円しか稼げないです(汗)

そのため、欲張って天井間近のお宝台を狙うのではなく、
欲張らずに無難にコツコツと期待値を稼いでいきましょう、

 

・・・とは言っても、

やっぱり期待値プラスの台がポンポン空くわけではないので、
ほとんどの人が期待値稼働を実践しても
結果的に、台が拾えず、
そのままスロットで稼ぐことに諦めてしまっています。

1時間立ち回って1台も確保できないことも、よくあることですしね。

上記であげた僕の友人も、そのうちの一人です。
彼も期待値プラスの台を打てばいいことをわかっていても、
台が見つからず、そのまま諦めてしまいました。

彼はこの期待値稼働が無謀だと判断したんだと思います。

 

でも、その反面スロットで稼いでる人が存在するのも事実です。

僕自身スロットで累計500万以上稼いでいて、
今後も稼ぎ続けることができると確信しています。

僕に加え、僕にスロットを教えてくれたバイト先の先輩や、
他のスロットブログを運営されている方々も、
スロットでの収支は毎月10万円以上は稼いでいますし、
年単位での収支がマイナスになることなど、有り得ないでしょう。

今後これからも、その気でいれば、
いつまでもスロットで稼ぎ続けることができるはずです。

 

「台が拾えない」と嘆いて、
スロットで稼ぐことを諦める人が多数いるのに対して、
なぜ、いとも簡単に月10万円単位で稼ぎ続ける人が存在するのか。

違いは一体何なのか?

 

それは稼いでいる人たちは、僕も含めて、
台を確保するための2つのテクニックを使っているのです。

それに対して、
稼げていない人たちはこのテクニックを使っていない、
という簡単な違いです。
テクニックというと、少し大げさかもしれませんが。。。

もし今稼げていない人たちが、
これから説明するテクニックを使えば、
台を確保できやすくなるので、
月10万円程度は稼げるようになって、
スロット勝ち組みに入ることができるでしょう。

逆にこのテクニックを使わずに、
台を確保するのは難しいので、今後スロットで稼いでいくのも厳しいと思います。

 

テクニック自体はそこまで難しいものではないので、
ぜひ身に着けてほしいと思います。

ではテクニックを紹介します。

 

テクニック1 : 打つ台がなければ、別の店に移動して立ち回る

期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

稼げていない人たちのほとんどは1つの店舗に居座っていることが多いです。

一度スロットコーナーを見回して、
いい台がなければ、面白そうな台(期待値マイナス)を打ってしまったり、
ソファーでくつろぎながら、
スマホでネットサーフィンして暇つぶししているパターンです。

このようなことをしていれば、
残念ながら、スロットで稼ぐことは難しいでしょう。

居座っているその店が超大型店で、
狙えそうな台が常にあるならいいですが、

期待値マイナスの台を打ってしまったり、
退屈するようであれば、そういうことはやめて、
別の店に移動して、そこで立ち回るべきです。

というより期待値マイナスの台を打つのは論外ですね(笑)

1店舗の台数は限られているので、
別の店に移動して、狙う台の母数を増やすともっと稼げることになります。

1つの店にスロット台が平均100台設置されていれば、
もう一つの別の店に行けば、合計200台狙える可能性になりますし、
さらにもう一つ別の店があるなら、合計300台になります。

まあこれは単純計算なので、多少強引なところはありますが、
1つの店舗に居座って、そこで暇している時間があるなら、
別の店に移動して、立ち回ったほうが稼げる金額は多くなりますね。

ただ、別の店舗まで片道1時間以上かかるような、
立地条件が悪い地域では、このテクニックはちょっと厳しいですけどね。

 

テクニック2 : 前日のハマりG数をメモして、次の日の立ち回りに活用する

期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

これはスロット収支を倍増できるテクニックです。

実際に何をするのかというと、
夜10時辺りに、いつも通うパチンコ店に行って、
各機種のスロット台のG数を順番にメモしていくのです。
(※閉店時間が11時前の場合です)

23番台493Gハマり
24番台593ハマり
・・・
40番台398ハマり
・・・
という具合です。

もちろんジャグラーのような狙う必要のない機種のG数はメモする必要はないです。
天井が搭載されていて、普段狙う機種のG数だけメモすればOKです。

僕自身のおススメは、
普段狙う機種のG数はメモするのですが、
さすがに全台をメモするのは大変なので、
200Gハマり以上の台だけをメモしていました。

30Gしかハマっていない台番号をメモしたところで、
あまり活用の余地がないですからね。

そしてこのメモしたG数データをどうするのかというと、
次の日の立ち回りに活用するのです。

例えば前日ハマり数が400Gで、
当日のデータが大当たり回数が0で、
ハマりG数が300Gであれば、
400G+300G=700Gとなります。

この台の天井G数が1000Gであれば、
残り300Gで天井が発動する、ということになりますね。

そして前日の400Gというのは、
前日データを見に行った自分にしか見えず、
周りの人には見えないため、ライバルを出し抜きやすくなります。

前日データを見ていない人たちは、
前日400Gハマりということを知らないわけですから、
自分だけが700Gと確認できるのです。

この差は大きいです。

この立ち回り方法を、
一般的に「宵越し天井狙い」と言います。

 

ただ、注意すべきことが2つあります。
1.当日に1回でも大当たりを引いていれば、前日のデータは使い道がなくなる

2.設定変更されると、前日ハマりG数もリセットされるため、使い道がなくなる

正直これら2点については、「仕方がない」としか言えないですね。

設定変更については、
その店の設定変更をしてくる癖を見抜けたりするので、
一時的に損することはあっても、長期的には立ち回りの判断材料になることがあります。

たとえば天井が1000Gの台で、
前日700ハマりだったときに、朝一からその台を打って、
300Gそのままハマって天井が発動しなかった。

これをパターン1とします。

もう一つのパターン。
天井が1000Gの台で、
前日300ハマりや600Gだったときに、朝一からその台を打って、
そのままハマり続けて、宵越し天井(当日700Gや400Gで天井)が発動した。

これをパターン2とします。

パターン1の場合は設定変更を喰らったわけですが、
パターン1を何度も目にして、
かつパターン2も何度も目にする場合は、
「この店は700G以上の台は設定変更をしてくる」という癖を見抜くことができます。

こういう癖を見抜くことができると、
設定変更時に恩恵のある台が、700ハマりで閉店した場合には、
その台は設定変更されると予想できるので、
朝一から設定変更狙いをする、という立ち回りもできるようになるのです。

これはちょっと応用編ですね。

とりあえず、
まずは前日の夜10時辺りにパチンコ店に足を運び、
各機種のハマりG数をメモしてみましょう。

もし深くハマっているアツい台があれば、
翌日の朝に、その台を狙って立ち回るのをおススメします。

 

他の店舗に移動したり、前日の夜から立ち回ることを考えると、
面倒くさいと感じることもあるかもしれません。

でも面倒くさいと感じるからこそ、チャンスとも言えると思います。

なぜかというと、
他の人も面倒くさいと感じているからこそ、
誰もこのテクニックを実践しないからです。

その結果、
自分だけが実践して、ライバルを出し抜くことができて、
一人勝ちできるようになるのです。

だから面倒くさいと感じると思えれば、
それはチャンスですので、まずは実践してみることをおススメします。

 

上記で述べてきた内容を一通りまとめると、

●台が拾えない理由は誰もが天井を知っているから

●期待値プラスの台は空くけど、頻繁に確保できるわけではないから、どうしたものか・・・

●スロットで稼ぐ人たちは共通したテクニックを使っている

●テクニック1:打つ台がなければ、別の店に移動して立ち回る

●テクニック2:前日からハマりG数データをメモして、そのデータを翌日に活用する(宵越し天井狙い)

●面倒かもしれないけど、そう感じるのはチャンスだから実践しよう!

という感じですね。

上記で述べた2つのテクニックが
月10万や20万以上稼ぐスロッタ―が使っている最低限のテクニックです。

稼いでいる人と、稼いでいない人との違いは、
これらのテクニックを使っているか、使っていないかだけの差です。

そのため、あなたもこのテクニックを使えば、
僕や、僕の先輩や、他のスロットブロガーと同じように、
月10万・20万は稼げるようになれることを、
僕は確信しています。

ぜひ取り組んでみてください^^

 

 

ここまで台を確保するテクニックの理論で解説してきましたが、
いかがでしたでしょうか。

僕なりに丁寧に解説したつもりですが、
多少わからない部分もあると思いますので、

ここからは、
実際に僕が先輩から上記のテクニックを教えてもらって、
それを使って立ち回った時の話をしようと思います。

このテクニックを実践し始めた当初は、
さすがに実践初日から結果が出ることはありませんでしたが、
数日続けたところ、
ライバルと競うことなく、あっけなくお宝台を確保できました。

もし、上記で解説したテクニックの実践方法が、
まだイメージできない場合は、
かなりの参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください。

 

上記のテクニック2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

僕はバイト先の先輩から天井狙いを教わりました。

それをきっかけに僕のスロット収支はぐいぐいと右肩上がりに増え、
「これまで欲望に任せて打っていた時間は一体何だったんだ」
と思えるほど、
天井狙いで簡単にスロットで稼げるようになりました。

天井狙いの具体的な方法や、
先輩からそれを教わって、僕がそれを始めて実践した時の当時の心境などは
以下の記事で綴っていますので、良かった見てください。
「スロットで稼ぐベストな方法は天井狙いで、その天井狙い初実践でスロット初心者がいきなり23000円勝った時の稼働日記」

 

僕のスロットでの立ち回り方法は、
首を右へ左へ振りながら、各機種のG数を見て、
期待値プラスの台があれば、それを打つ、
という天井狙いに完全に切り替わっていました。

 

そんなある日、僕がお気に入りのパチ屋に行ったときに、
たまたま先輩と遭遇し、そのとき先輩はモンハンを打っていました。

僕はその場で先輩に
「お疲れです」と軽く挨拶しました。

先輩が打っているモンハンのG数は600G。

それを見た僕は「ん??」と首をかしげました。

 

ちなみにモンハンの期待値は以下の通り。

=================
600G +478円
700G +1448円
800G +2782円
900G +4796円
1000G +7780円
1200G +19065円
1399G +44413円
=================

当時の僕でも、
さすがにモンハンの立ち回り方法(狙い目とやめどき)は把握していたので、
600Gは打つべきでないことくらいは理解できていました。
狙い目は期待値2000円以上ですからね。

にもかかわらず、先輩が600Gのモンハンを打っている。。。

僕は先輩をとても信用していただけに、
打つべきでないモンハン600Gで遊んでいる先輩の姿を見て、
「あの先輩が欲に負けて、ノリ打ちしちゃったのか」
と、すこしガッカリしました。

「何か考えでもあんのかなー」

先輩がなぜモンハン600Gを打っていたのかは気になりながらも
その店には狙い目の台がなかったので、
僕はその店を後にしました。

 

その数日後、バイト先で先輩と出勤時間が被ったので、
僕は先輩になぜモンハン600Gを打っていたのかを聞いてみました。

ちなみに、このときは僕も先輩もまだバイトを続けていました。

「この前モンハン打ってましたけど、結果どうやったんですか?

先輩「あー、あのときは負けたよ(笑)」

「ははっ、やっぱり(笑)
600Gで打ってたんで負けると思いましたよ。」

先輩「あー、実はあれkatsu君が帰った後、すぐに天井行ったよ。
負けたけど(笑)」

「えっ??すぐに天井!?どういうことですか?」

先輩「実はあの台、前日が700Gハマりで閉店してたから、
次の日は700Gで天井が発動するねん♪」

なぬ!!!???

ニコニコ笑みを浮かべながらしゃべる先輩の
「700Gで天井が発動するねん♪」という予想だにしない言葉に、
僕は度肝を抜かれました。

 

このとき先輩は、
親切丁寧にその「宵越し天井狙い」のノウハウを教えてくれました。

こんな有力で稼げるノウハウを他人に教えると
自分自身の収入が減るから、
普通は他人に教えたくないものだと思います。

しかし先輩は、そんなことを全く気にせず、
笑顔で僕に教えてくれました。

なぜこんなにも熱心に教えてくれるのか疑問に思ったのですが、
どうやら、スロットの後輩が初めてできた、
ということで、先輩自身は嬉しかったみたいです。

先輩が僕に天井狙いを教えてくれるまでに、
「天井狙いで稼げるよ」
と他の人にも教えたことがあったみたいですが、
真面目に天井狙いに取り組んだのは僕一人だけだったみたいです(笑)

という背景もあって、
先輩からいろんなノウハウを教えてもらうことができました。

●前日の夜にハマりG数をチェックすること
●いろいろな店舗に移動すること
●意外と設定変更されないから、余裕で宵越し天井が狙えること
●敵・ライバルもいないから楽勝だということ

 

以前先輩から
「天井狙い」というスロットで稼ぐノウハウを聞いたときでさえ、
かなり驚いたのに、それをさらに上回る上級テクニックがあるとは、
思いもしませんでした。

「やばい、最強やん」

僕の性格も性格なので、先輩の話を聞き終わるや否や、

「僕もその立ち回り、パクッていいですか??」

そう言って、
早速僕も宵越し天井狙いを始めることにしました。

 

ということで早速実践です。

まず、最初にすべきことは
「夜10時辺りにパチ屋に行って、各狙い目の機種の台のG数をメモすること」です。

僕の家の近所にはパチンコ店が3店舗あったので、
早速3店舗すべてを見て回ることにしました。

僕は携帯と財布だけを持って、
夜10時に家を出発し、各パチンコ店に向かいました。

 

僕がスロットを始めた時の主流の機種は
初代モンハン、北斗の拳(世紀末救世主伝説)、番長2、鉄拳2ndでした。

番長2はゾーン狙いに向いている機種で、
天井は全然アツくないですが、

モンハン、北斗、鉄拳はかなり強力な天井恩恵がありました。

北斗の天井は1600Gで確定で、
恩恵はトキストック1個と、89%ループのART確定という、
フリーズと同じ恩恵で、期待獲得枚数は1500枚。

鉄拳の天井は1400Gで確定で、
恩恵はプレミアムARTのデビルラッシュ確定。
これもフリーズと同じ恩恵で、期待獲得枚数は2500枚。

モンハンの天井は1400Gで確定。
恩恵は300G or 500GのARTが確定で、期待獲得枚数は2200枚。
これはフリーズのラージャンボーナス以上の威力でした。

つまりこれら3つの機種が800Gや900Gハマっていると、
かなりアツいと言えました。
(北斗は1000G超えでかなりアツいですね)

 

余談ですが、
ハマりG数をメモするときは、スマホではなく、
ガラケーでメモするのがおススメです。

なぜかというと、
周りのお客や店員たちにG数をメモしているところを見られてしまうと、
店員に不審に思われたり、
他のお客にその行動を真似されて、宵越し天井狙いを始めるライバルが増える可能性があらからです。

ガラケーでメモするなら、
ポケットにガラケーを入れながら、画面を見ずにポチポチとボタンを押して、G数をメモすることができます。

それに対してスマホでメモする場合は、
ポケット内で画面を見ずに、ボタンを押すのは難しいため、
スマホを外に出して、ボタンをポチポチ押してメモする必要があります。
これはかなり目立ってしまいます。

そのためスマホでメモすると、
周りの客や店員さんに見られやすく、
ガラケーの場合だと、周りの人たちにメモしていることがバレにくいのです。

ということで、G数をメモするときは、
ガラケーを使うのがおススメです。
(まあガラケーをわざわざ買う必要はないと思いますが)

ちなみに紙とペンをでメモするのは論外ですよww

 

早速宵越し天井狙いのための、データ取り実践です。

まずは家から徒歩5分ほどの一番近いA店へ向かいました。

このA店は駅前にあって、立地条件がいいにもかかわらず、
客への還元が悪すぎて、かなり客が飛んでいる状態の過疎ってる店です。

先輩が言うには、
この店は毎日べたピン(オール設定1)で、さらに毎日据え置きとのことで、
宵越し天井狙いするには、めちゃくちゃ向いているとのことです。

店に着いてスロットコーナーを見回って、ハマりG数をメモしました。

=================
【モンハン】
○○番台○○ハマり
○○番台○○ハマり
○○番台○○ハマり

【北斗】
○○番台○○ハマり
○○番台○○ハマり
○○番台○○ハマり
=================

上記の要領で、不慣れながらも
携帯のメモ帳開いて天井が搭載されている全ての機種の
ハマりG数をチェックしていきました。

しかし見て回ったものの、
800ハマりや900ハマりのような、
翌日朝一から狙えるようなアツい機種はありませんでした。

まあこの店は客足が悪いからアツい台がなくても仕方がないだろう、
と気を取り直して、次のB店へ移動しました。

 

このB店は地域内で一番盛り上がっているお店で、
月に数回イベントも開催して、高設定の台も入れてくれるお店です。

僕の周りの友人も、
「このB店はアツい」とみんな口をそろえて言っていました。

ただ僕自身はこのB店では負けてばかりで、
アツいとはあまり思えなかったのですが、

「先輩はこのB店も天井狙いできる!」と断言していたので、
僕はこのB店でもデータをメモすることにしました。

で、A店と同じい要領で各台のG数をメモしましたが、
アツい台は落ちていませんでした。

 

最後に僕のお気に入りのC店に向かいます。

”お気に入りの店”と言っても、
初めてスロットを打ったお店、ということで親近感が少し湧く程度ですけどね。

で、肝心のG数チェックについては、
他のA店とB店と同様、アツい台は落ちていませんでした。

まじかよ。。。

 

まあ初日からいきなりアツい台を拾えることは、
そこまで期待していなかったですが、
でも、いざ何もアツい台が落ちてなかったかとなると、
少しガッカリしました。

それなりにハマっている台もありましたが、
800Gや900Gもハマっていなくて、
せいぜい500G程度だったので、翌日朝早くから狙うレベルではありませんでした。

 

まあそんなものだと思います。
基本的に天井くらいは誰でも知っているものですから、
アツい台が落ちることが珍しいくらいです。

 

一応今回は300G以上ハマっている台は全部メモしました。

これらの台を朝一から狙うことはできませんが、
翌日に500Gや600Gハマった状態で、空き台になってくれれば、
前日+当日で合計800Gや900Gで打ち始めることができるので、
それに期待することができます。

そう考えると、
800Gや900Gのアツい台が落ちていなくても、
そんなにガッカリするものではないと思えました。

 

結局、実践初日からいきなりアツい台を拾うことはできませんでしたが、
僕はめげることなく、宵越し天井狙いの夜回り作業を毎日続けました。

雨の日も台風の日も、次の日稼働するのであれば、
どんなに天気が悪くても夜10時に欠かさずパチ屋に行って、
ハマりG数をメモしました。

これほど行動をしていると、
「えっ、そこまで努力しないと稼げないの?」
と怖気づく人がいるのですが、
僕は怖気づくどころか、全然苦痛を感じませんでした。

というよりも毎日の夜チェックが、
「今日はアツい台があるかもしれない」
というワクワク感を得れて、
毎日が楽しくて仕方がありませんでした。

 

夜の見回りチェックを始めて、
1週間ほどたった日のことだったと思います。

夜10時過ぎ、お気に入りのC店でいつも通り、
携帯をポケットに突っ込み、首を左右に振りながら、
各機種のG数をメモしていた時、
目を疑うG数の台がありました。

ついにアツい台を見つけたのです。
北斗1030ハマり!!

4桁のハマりG数を見て、
僕はテンションが上がってしまいました。

ただ期待値的には3000円ちょっとなので、
アツいことはアツいですが、激熱とまでは言えないですけどね。

でも、毎夜パチンコ店を回っていながら、
これまで一度もアツい台がなかったので、

初めてアツい台を見つけることができた時は、
やっぱり嬉しかったです。

 

夜10時になると、毎日パチ屋に行って、
ハマりG数をメモして、それを複数店舗で実施する。

やることはシンプルですが、
いざ実践しようとすると、少し面倒くさいと感じるかもしれません。

スロットで稼ぐためには、これほど行動しないといけない、
ということですね。

でも逆に、ここまで行動する人が少ないからこそ、
やった僕たちがスロットで稼げるという結果につながるのだと思います。

まあ住んでる地域によっては、行動する量は様々だと思います。

近くにパチ屋が1か所しかなければ、
その1店舗のハマりG数だけチェックすればOKだと思います、
都会でパチ屋が密集している地域であれば、
5店舗も10店舗も見回るべきかも知れません。

要は、
「スロットで稼ぐにしても、最低限の努力は必要だ」
ということですね。

 

で、北斗1030Gハマりを見つけたその夜、
僕は寝るときも、ずっとウキウキしていました。

当然翌日朝イチで、北斗1030を狙いに行くつもりです。

学校の授業もバイトもない普通の日なら、
朝10時ぐらいに起きるにもかかわらず、
この日に限っては、目覚まし時計を朝7時にセットして、
朝8時にはC店の入口ドアの前で待機して、一番乗りしてやろうと準備を整えました。

 

で、決戦当日。

僕は予定通り7時に起床しました。

大学の授業が1限の日で7時半起きのときは苦痛を感じながら目を覚まし、
ぶつぶつ文句を言いながら、学校に向かうにもかかわらず、
この日は快適に目を覚まして、ワクワクしながらパチ屋に向かいました。

全ては計画通り。
こういう勝負の日には、妙な力を発揮できるものです。

 

しかし、誤算が。。。

「すでに先客が居やがる」

このC店の入店順は早い者勝ちで、
開店の10時までに入口ドアの前で順番に待っているだけでOKなのです。

整理券配布などはやっていないので、
朝早くに行けさえすれば、一番乗りなんて簡単なのです。
というより、簡単だと思っていました。

僕がC店についた時は、入口ドアの前には誰もいないから、
「よっしゃ!一番乗りや!!」
と思ったのですが、

よく見ると、買われて間もない新品の缶コーヒーが入口ドアの前に置かれてあり、
30代ぐらいのカップルが近くの車で待機していました。

どうやら車内のカップルが缶コーヒーで場所取りしているようです。

「もしかして奴らも北斗1030を狙ってやがるのか・・・?」

僕は奴らカップルをライバルなのかと少し疑いました。

 

しかしよく見ると、
入口ドアのシャッタ―には以下のように書かれた紙が貼られていました。

「モノでの場所取りは禁止です。見つけ次第没収します」

これを見た僕は、
置かれている缶コーヒーをそっと横にやって、
僕が一番の場所に座ってやりました。
(揉め事の発端になる可能性もあるため、場所を奪うような行為はやらないべきですが、当時の僕は19歳のガキだったので、何のためらいもなく場所を奪ってやりました)

結局例のカップルは、9時半ぐらいに車から出てきましたが、
僕に対して何も言うことなく、2番目・3番目に並んでくれました。

 

開店の10時、シャッターが下から上へとガラガラ開き始めました。

僕の心臓はいつにも増して、鼓動が大きくなりバクバクしてきました。

ドアが開くや否や、先頭にもかかわらず、
僕は勢い余って北斗1030ハマりの台へ無駄に早歩きで向かいました。

僕の早歩きを見て、
後ろのカップルも異常にスピードを上げて早歩きで対抗してきましたが、
カップルたちは別方向へ。。。

で、僕はすんなり北斗をゲットしました。

というより、北斗が新台導入されてから半年以上経っているのに、
そんな古い機種のために開店2時間前から並ぶ奴なんて普通いないですよね(笑)

C店には北斗は20台ほど設置されていましたが、
朝一から北斗を打っているのは僕だけでした(笑)

 

結果論ですが、朝8時から並ぶ必要はなかったですね。

それほど気合いを入れなくても、
10時に間に合うようにのんびり来ていても余裕で北斗1030を取れたと思います。

ちなみに後ろにいたカップルは新台のコードギアスを打っていました(笑)

「なーんや、ライバルどころかただの養分か」

 

ほとんどの人たちは
こうして新台に飛びついたり、
面白そう、という単純な理由でスロットを打っているものです。

それに対して、この日の僕は
期待値を稼ぐために、
「前日の夜からハマりG数をチェックして、
大ハマりをしていた台をピンポイントで狙って期待値を稼ぐ」

という真っ当な戦略を持って、
朝早くから並んでいるのです。

逆に、周りのほとんどの一般人は
新台に飛びついたり、
自分の勘に頼ってテキトーに立ち回ったりと、

稼ぐための真っ当な戦略を持っていないのです。

この差は大きいです。

 

僕はこの期待値戦略(今名づけました)を実践し続けたから、
累計500万以上を稼げたわけですし、

逆に期待値戦略をやっていない人たちはいつまで経っても、
スロット負け組で、年間10~100万円と負けるのです。

戦略を持っているか、持っていないかで、
今後のスロット収入が大きく変わってくるので、
どうせスロットを打つなら稼ぐための戦略を持って、
立ち回るのがいいですね。

 

ということで、北斗宵越し1030ハマり実践です。

まずは1000円をサンドに突入して、
メダルを出して、レバーを叩き、黄7狙って中押しでボタンをポチポチ押しました。

前回の初実践時とは違って、手際が良くなりました。

実はこのとき、北斗を打つのは2回目でした。

前回の記事
「スロットで稼ぐベストな方法は天井狙いで、その天井狙い初実践でスロット初心者がいきなり23000円勝った時の稼働日記」
でもちらっとお伝えしましたが、
北斗初打ちのときは、天井狙い初実践でした。

 

このときは運が味方してくれたのか、
天井狙い初実践にして、23000円勝ちを収めることができたので、
個人的には、北斗に少し愛着を感じていました。

 

打ち続けること15分。

何がきっかけかは覚えていませんが、
投資4000円にして、ART激闘乱舞に当選しました。

前回の天井到達時は投資金が23000円もかかったので、
取り返せるかどうか不安になりましたが、

今回のように、4000円という安い投資金で当たってくれると
気分がめちゃくちゃラクですね。

 

しかもラッキーなことに、
ボーナス引いたり、連チャンもしたりと、
最終的に1100枚ほど出てくれました。

天井到達時の89%ループとトキストックという最強の恩恵で、
期待獲得枚数が1500枚ですが、

今回のようにレア役での単なる通常当選で
1100枚も出てくれるのはラッキーですね。

普通なら、200枚とかで終わります(笑)

 

余談ですが、
この北斗1030ハマりは宵越し天井狙いだったわけですが、
天井に到達する前にARTに当選してしまったので、
設定変更されたかどうかは判別できなかったですね。

もし当日570G(=宵越しで1600G)ハマっても、
ARTに当選しないようであれば、
設定変更されて、G数がリセットされたと判別できますし、

逆に当日570GハマりでいきなりARTに当選したのであれば、
それは天井で当選したということで、
設定変更されずに、据え置きだったことが理解できます。

こうすることで、各店舗のリセット傾向を把握して、
立ち回りに活かすこともできるようになります。

 

何はともあれ、今回も無事勝つことができました。

やめどきも、ART終了してから数G回してすぐにやめたので、
追加でメダルの投入もほとんどしませんでした。

投資金額4000円、
回収1100枚=22000円なので、
18000円勝ちです。

 

この日は宵越し狙いで、
北斗の1030ハマりというアツい台を拾ったわけですが
実は今までの数年間で、もっとアツいお宝台を拾ったことが何度もあります。

前日に大きいG数がハマっていたパターンではなく、
前日にそこそこのG数がハマっていて、
なおかつ当日もそこそこハマっていたパターンです。

例えば、
北斗の拳(世紀末)で前日800G+当日770Gハマりで、
合計1570ハマり(期待値約3万円)の超お宝台や、

天井が1000Gで発動するバイオハザード5を
宵越し990Gで拾ったこともあります。

天井まで残り10Gの超お宝台です。

もちろん天井も発動してくれて、大勝ちできました。

最近の機種でいうと、
バジリスク絆の宵越し8スルーの台を拾えたこともありますし、
前日4スルー+当日2スルー=6スルー
という期待値3000円くらいの台であれば、
しょっちゅう拾ってました。

 

僕はかれこれスロットで何百万円も稼いできたわけですが、
スロットで稼ぐための一番爆発力を発揮するテクニックは
やはり「宵越し天井狙い」だと思います。

スロットで稼ぐために工夫できることは他にもいっぱいあって、
例えば、
●いろんな店舗に移動したり、
●収支アプリを使って、収支をつけて自分の立ち回りを分析したり、
●店員さんと仲良くして、高設定の入りやすい台を教えてもらったり、
するなど、テクニックと言えるものはたくさんあります。

しかし、スロットで稼ぐためには、
根本的に、まずはスロット台を確保して、
その後スロット台を打つ必要があるわけですから、

アツい台を確保するためのテクニック「宵越し天井狙い」が
スロットで稼ぐにおいて、一番強力と言えるでしょう。

あなたは今、
スロットで稼ぐための正しい戦略
「期待値プラスの台を打つこと」
に加えて、
一番強力なテクニック
「宵越し天井狙い」を知りました。

この組み合わせ、最強でしょ。

 

これだけの最強のノウハウを確立されているのですから
やらない方が損と言えると思います。

あとは実行するのみです。

「期待値プラスの台を打つ」とは、
打ち始めG数を守って、
やめどきG数を守るだけですし、

台が拾えないとしても、
前日の夜にパチ屋に行って、ハマりG数をメモして、
宵越し天井を狙えば、お宝台ゲットです。

 

まとめ

僕がやったことは、いたってシンプルです。

●夜10時ごろにパチ屋に行く
時間は夜10時がベストというわけではありませんが、10時ごろであれば大丈夫だと思います。
もちろん臨機応変の対応がベストで、10時を過ぎてもお客がたくさんいてるのであれば、10時半に行く方がいいでしょうし、逆にガラガラの店であれば、9時半に行っても大丈夫でしょう。
※閉店時間が11時前の場合です。

●狙い目機種のハマりG数をメモする
あくまで僕がやっていたメモの方法は、ポケットにガラケーを突っ込みながら、画面を見ずに台番号とG数をメモしていました。
あと、天井が浅い機種(天井が1200G以下)の機種については、200G以上ハマっていればメモして、天井が深い機種(1400Gや1600Gなど)であれば、300G以上ハマっていればメモしていました。逆に30ハマりや、100ハマりの台はメモせずに無視していました。

●さらに別店舗に移動して、ハマりG数をメモする
これは言葉通りで、自転車でも、バイクでも、車でも、電車でも何でもいいので、別のパチ屋に移動して、上記と同じように各狙い目機種の台番号とハマりG数をメモするのです。
もちろんメモする夜だけではありません。
日中立ち回っているときに、暇な時間ができてしまったら、変な台を打ったり、スマホでネットサーフィンするのではなくて、別の店に移動して、期待値プラスの台を探しに行くべきです。

●メモしたハマりG数データを使って、翌日立ち回る
メモしたときに、アツい台があれば、その台を朝一から狙うべきです。アツい台がなかったとしても、翌日にその台がハマって激熱台に化すことがあるので、その台を狙うのです。
例えば前日500G+当日500Gハマりで合計1000ハマりという台ですね。
まあ一応おススメ狙い目は期待値2000円以上なので、
欲張らずに、期待値2000円の台があれば、普通にそれを打てばいいと思います。
ただリセットされることのリスクを考えると、期待値3000円をボーダーにするのも一つの手ですね。
(この加減は好みの問題ですね)

 

もしかすると、あなたはこの宵越し天井狙いを聞いて、
「えっ、そこまで真剣に取り組まないと稼げないの?」
と感じたかもしれません。

上記でも述べましたが、
そう思えたならチャンスです。

他の人も同じようにそう考えるものですから、
もしあなたがこれを取り組めば、そのライバルたちを出し抜くことができます。

普通の一般人は、
こういう面倒くさいと感じるものには、行動しないものですからね。

というよりもむしろ逆で、
スロットで稼ぐにしても
最低限の努力は必要になりますし、
月10万・20万稼ぐスロッタ―達はみんな揃って、
これくらいのことはしています。

 

つまり、
たったこれだけで月10万・20万円も稼げてしまう、とも言えます。

もしあなたが宵越し天井狙いを実践”しない”のであれば、
スロットで稼ごうと考えるのはナンセンスでしょう。

宵越し狙いをしなくても、やり方次第では稼ぐこともできますが、
スロットで負けている人が、
「俺もスロットで稼ぎたい!!」と考えているなら、
宵越し天井狙いは必須でしょう。

 

かといって、
実践初日からいきなり結果が出ることも難しいかもしれませんが、
そこだけは根気強く頑張ってほしいと思います。

僕だって、
宵越し狙いを始めた最初の数日は
アツい台は特に拾えなかったわけですし、
何日も継続して結果が出ましたから。

それに1台1台を打ったときの勝率って、約30%ですから、
どれだけ上手に立ち回ったとしても、基本的に負けるものです。

100台打てば、70回負けて、30回勝つ確率ですから、
何度も継続して実践しないと、結果が付いてこないものですね。

もちろん超お宝台を拾うことができれば、
その台の勝率は30%どころか、100%になると思いますが、
お宝台だけを狙っても、台を拾えなさ過ぎるので無謀と言えます。。。

成功する手法を、コツコツと愚直に繰り返し実践し続けることが、
成功への一番の近道だと思います。

 

もしスロットで本気で稼ぎたい!、と考えているのであれば、
上記で説明したテクニックをぜひ活用してみてください。

今回の記事ではスロット台を確保するためのテクニックのみをお伝えしましたが、
こちらの無料オンラインセミナーでは、
スロットで稼ぐための基本的な立ち回り方法や、考え方、
それに加えて、月20万以上を半永久的に稼ぎ続けるための応用テクニックも解説しています。

動画で丁寧に解説していますので、理解もしやすいと思います。
もし興味があれば見てみてください。

もちろんすべて無料です^^

▼▼▼ 明日のあなたの勝利を願ってPUSHを!! ▼▼▼
クリックで「勝舞あり!」に変わります
(1日1回)
1.戦略編 まずは勝ち方を知る
●【パチスロで覚えること】勝つために必要なたった3つのポイント
●スロットの知識がない・・・そんなあなたにお届する知識0からたった1ヶ月でスロット勝ち組に入る方法
●【パチスロは設定1でも勝てる!】勝てる台と負ける台の見分け方を知って月20万円稼ぐ
●「前日出た台」「角台」よりも”圧倒的に勝てる”台の選び方
●【初心者向け】座った瞬間に”勝ち”が確定するスロット台の選び方
●【初心者向け】スロットの仕組みを知るだけで月20万円勝てる!?
●【スロット×店選び】勝てるホールを選ぶ3つのポイント
●【パチンコ×スロット】毎月1万円の損をする!!会員カード作成は必須
●【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
2.実践編 イメージに落とし込む
●【牙狼 守りし者】689ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【アナザーゴッドハーデス奪われたZEUSver.】958ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【スーパービンゴプレミアム】411ハマりを拾ってゾーン狙いしたときの稼働日記
●【エヴァンゲリオン魂を繋ぐもの】REG後465ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【ミリオンゴッド神々の凱旋】733ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【押忍!サラリーマン番長】191ハマりを拾ってゾーン狙いしたときの稼働日記
●【バジリスク~甲賀忍法帖~絆】詳細な知識を介入して、 さらに期待値を底上げできたときのバジ絆の稼働日記
●【モンスターハンター狂竜戦線】天井狙いして、やめどきを間違えずに、しっかりと期待値を取り切った時の稼働日記
●【バジリスク3】天井狙いした時の稼働日記
●【北斗の拳~修羅の国篇~】天井狙いした時の稼働日記
3.行動編 まずは負け組を脱出し、黒字を目指す
●負けてイラ立っている時こそ冷静に・・・
●まるでロボット??心を「無」にして立ち回れば1ヶ月で20万勝てる!
●スロットで稼ぎたければ、友人と打ちに行ってはいけない
●「敵・ライバルがいてるから勝てない」←間違い!!
●負けてばかりで辛い?? いいじゃないか負けてばかりで。だからこそライバルが減って自分が勝てる
●周りのスロッターはだいたいアホだから安心しな
●「打たない」ことも大切
4.常勝編 応用テクニックを駆使し、月収20万円を目指す
●(おさらい)スロットで稼ぐベストな方法は天井狙いで、その天井狙い初実践でスロット初心者がいきなり23000円勝った時の稼働日記
●期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話
●宵越し天井狙いを応用して、ゾーンのある機種をリセット判別して、ライバルを出し抜く方法と、その具体例
●【理論だけじゃ勝てない?】天井狙いをやっても全く勝てずに、行き詰っているときの唯一の解決策


月収20万円完全到達マニュアルを無料配布中!!



著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める24歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「期待値戦略」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月、日給24万7千円達成

【実績】
2012年5月、パチスロ開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。


実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
天井狙い初実践で23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

面白い!と感じたら「いいね!」をお願いします!


ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
応援ボタンをぽちっとクリックしてくれると嬉しいです^^
  ↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログへ  

コメントを残す

このページの先頭へ