月収20万円完全到達マニュアルを無料配布中!!




【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

  • 【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

こんにちは、katsuです。

この記事は、目押しが苦手と感じていたり、
うまく目押しができなくて困っている方、に向けて書いたものです。

僕はこれまでスロットだけで累計500万円以上稼いできましたが、
その経験を通じて、目押しが苦手で困っている方へ、伝えたいことが1つあります。

それは、
「スロットで勝つにおいて目押しスキルは全く必要ない」
ということです。

 

この記事では
●目押しスキルがなくてもスロットで勝てる
ということと、
●スロットで勝つための方法
について解説していきます。

目押し不要機種の「勝ちやすい機種ランキングベスト4」も
記事の後半で紹介しています。

 

目押しの上達方法に興味がある場合には、
以下のページで、動画で丁寧に解説していますので、良かったら見てみてください。
【動画】目押しスキルを1日で上達させて、初心者スロッターを最速で脱出する方法

 

 

僕自身もスロットを始めた当初は、
全然目押しができなくて、目押しに対してスゴく苦手意識を持っていました。

スロットを始めた最初の時期って、
目押しはめちゃくちゃ難しいと感じるものだと思います。

 

例えば、僕の場合で言うと、
ボーナスを引いても、自分で目押しをできないから、
友人に代わりに7を揃えてもらったり、
友人がいないときには、周りのお客さんに助けてもらったり、
助けてくれる人がいなければ、7が奇跡的に揃うまで延々と回していました。

 

僕がスロットを始めたのは、
2012年の春、大学2年になるときのことでした。

それから何年間もスロットを打ち続けているので、
今となっては、目押しはできるようになりました。

でも、目押しを100%マスターしたわけではなくて、
スイカをこぼしてしまうなんて日常茶飯事ですし、
気を抜いてしまうと、ボーナス時の7揃えを失敗してしまうこともあります。

目押しが上手な人だと、
スイカをこぼすようなことは絶対にしないので、
僕は明らかに目押しが下手な部類だと思います。

目押しをミスると嫌な気分になりますし、
何度も失敗していると、
やっぱり恥ずかしく感じるものですから、
僕も最初は目押しの練習をしました。

 

僕がスロットを打ち始めた当初は、
初代モンスターハンターばかりを打っていたので、
この台で目押しの練習をしていました。

そもそも僕がスロットを打ち始めたきっかけは、
バイト先の友人から「モンハンのスロットが出た」
という一言から始まりました。

僕が中学生・高校生だったころ、
PSPのモンハンが流行っていて、僕もそのモンハンのゲームが好きだったので、
友人からモンハンのスロットを紹介されて、
「あわよくばお金が増えれば・・・」
と下心を刺激され、
人生で初めてスロットを打つことになったのです。

 

初代モンハンの打ち方は至ってシンプルでした。

左リール、中リール、右リール、全てのリールで赤7を狙っていれば、
チェリーもスイカもチャンス目もすべてフォローできるのです。

メダルを3枚入れて、レバーを叩いて、全リールに赤7を目押し、
メダルを3枚入れて、レバーを叩いて、全リールに赤7を目押し、
の繰り返しでした。

これを100G、200G回せば、
さすがに慣れてきて、
赤7を狙うのはほぼマスターできました。

 

しかし、ボーナスを引いた時には
白7や黒BARを狙う必要があって、
赤7以外の出目を揃えるには、またひと苦労しました。

 

幸いなことに、僕が働いていたバイト先には、
スロットを打つ友人がたくさんいたので、
僕はみんなからスロットの打ち方を教わりました。

目押しの方法を教わったのはもちろん、
一緒にパチ屋に行って、隣り合わせでモンハンを打ちながら、
データカウンターの見方も教わったりもしました。

そのおかげで、
ビッグ回数、レギュラー回数や、
当たり履歴グラフの見方もなんとなく理解できて、
データカウンターへの苦手意識も減りましたし、
目押しスキルも少しずつ上達している気がしました。
(毛が生えた程度のレベルですが・・・)

 

他には、バイト先に、
スロットだけで月50万稼ぐ先輩(なんでバイトしてんねん)がいたので、
その先輩からスロットで稼ぐノウハウも教えてもらうことができました。

正直のところ、それまでは
「スロットなんかで稼げるわけがない」
と思っていたので、半信半疑なところもありましたが、
当時の僕はスロットで負け続けていたので、
他に頼るあてもなく、先輩の言葉を信じることにしました。

このときの僕は、スロットを始めて間もない状態だったにも関わらず、
たった1ヶ月間で8万円以上の赤字を出して、
それでもスロットを打つ以外に何も考えることができない、ギャンブル中毒の状態でした。

快感を感じるのは、
「当たった時のメダルがじゃらじゃら出てくるあの感触だけ」

そんな悲惨な状態のときに、
僕は先輩からスロットで稼ぐためのノウハウを教わり、
そのノウハウを、言われるがままに実践してみたのです。

 

 

で、本当に稼げてしまったのです。

以下が、僕がスロットで稼いできたほんの一部の実績です。

<実績>

[実践初月]
大学2年。先輩から教わったノウハウを初実践。初日にいきなり2万円勝つ。
この月、初月からパチスロだけで10万円ほどの収入を得る。

[実践3ヶ月目]
パチスロだけでアルバイト以上の金額を安定的に稼げるようになり、
アルバイトを辞める。

[実践5ヶ月目]
月収20万円達成。

[実践8ヶ月目]
月収50万円達成。
パチスロの累計収入100万円突破。

[実践12ヶ月目]
生涯最高の1日で247,000円を稼ぐ。
この時点でパチスロだけで毎月30万円は稼げるようになる。

 

 

僕は「スロットで稼げた」こと自体にも驚きましたが、
それ以上に、もう一つ驚くことがありました。

それは、
「スロットを始めて間もない、目押しすらもろくにできない初心者」
だったにもかかわらず、
僕は実践初月から、いきなり黒字をたたき出すことができたのです。

 

このとき、僕は思いました。

「スロットって余裕で勝てるやん。っていうか、目押し下手でも全然関係ないし」

 

 

目押しができないながらも、当時稼ぎまくっていた機種を、
少しだけ紹介しようと思います。

たとえば、「北斗の拳~世紀末救世主伝説~」

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

目押しが下手くそながらも、
僕はこの台で70万円程稼ぐことができました。

今(2017年2月)となってはほとんど見かけないですが、
初代モンハンが導入された時期の主力機種でした。

目押しは下手なままだったので、
スイカやチェリーは何度もこぼしてしまいました。

それに加えて、
ボーナスを引いた時の赤7が、見えなくて揃えられないのです。

モンハンの赤7は明るい赤色なので見やすかったですが、
北斗の赤7は暗くて見えにくいのです。

モンハンで目押しの練習をしたにもかかわらず、この有様です(笑)

しかし、こんな目押しペーペーの僕でも、
北斗の拳1台だけで70万円も勝ててしまったのです。

 

他には、
コードギアス反逆のルルーシュ。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

バラエティコーナーに設置されていたりしますね。

稼いだ金額は10万円ほどで、
他の機種と比べて多くの金額を稼いだわけではありませんが、
目押しが難しかった印象が強く残っています。

この台の特徴は、リールの図柄が虹のようにカラフルで、
赤7、白7、青BAR、緑BARの4色を狙う必要があって、

カラフルなだけに、リールを眺めていても目がチカチカするので、
目押しが全然上手くできなかったのを覚えています。

 

さらには、バジリスクⅡ。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

この台も、初代モンハン、北斗救世主と
同じ時期に導入されていた人気機種です。

現時点(2017年2月)でも、バジリスクⅡはときどき見かけますね。

僕はこの台を打ってトータル30万円以上勝っています。

そして面白いことに、バジリスクⅡは目押しが”ほぼ不要”の台です。
(1/32768のビッグボーナス当選時だけは要目押し)

通常時は、左からボタンを押して、
ART中は押し順ナビに従うだけで、すべての子役をフォローできます。

左リール適当打ち。
中リール適当打ち。
右リール適当打ち、という神台です。

目押しがどれだけ苦手で、下手であろうと、
チェリーをこぼすようなことは絶対にないので、
初心者にうってつけの台です。

 

例を挙げればキリがないですが、
僕があなたに伝えたいことを一言で言うと、
「目押しスキルがなくても、スロットで勝つことは可能だ」
ということです。

 

 

目押しは下手クソながらも、スロットで勝てることに気付いた僕は、
そのときやっていた飲食店のアルバイトを辞めて、
スロットを打ちまくる大学生活を送りました。

その結果、僕は学生時代の2年半で、
スロットだけで累計500万円以上稼ぐことができました。

 

スロットを始めた一番最初の時期は、
バイトとスロットの両立をしていました。

当時の僕は大学生で、時間はあったので、
平日の2,3日と土日祝はバイトをして、
残りの時間はスロットに充てていました。

バイトの給料は時給900円で、
どれだけ頑張っても給料は増えないですが、
スロットは違いました。

スロットでの収入は、最初は月10万円程度でしたが、
スロットで稼ぐことに慣れてくると、
次第に月20万円は稼げるようになりました。

 

バイトでの給料は月に10万円ほどに対して、
バイトの半分の時間も費やしていないスロットで
1か月で5万円や、10万円を稼げるのです。

しかも、僕は飲食店でバイトをしていたので、
仕事はめちゃくちゃ忙しかったです。

それに対して、スロットと言えば、
レバーを叩いて、ボタンを3つ押すだけの作業ですから、
めちゃくちゃラクに感じました。

 

長時間働いて、めちゃくちゃ忙しいバイトで月10万円。
短時間だけで、しかもレバーとボタンを押すだけのスロットで月10万円。

この2つを比較するなら、答えは決まっています。

「こんな効率の悪いバイトなんか辞めてやる!」

スロット始めて数か月の、
目押し下手な初心者スロッター(僕)がホラ吹きながら、
その場の勢いでバイトを辞めました。

 

バイトしながらでも、スロットで10万円ほど稼げましたが、
バイトを辞めて、スロットに専念すると、
いきなり1ヶ月で20万円稼げました。

しかも毎月コンスタントに20万円は稼げましたし、
30万円稼げる月もありました。

ちなみに最高月収は50万円オーバーです。

 

それにバイトと違って、
スロットでは、シフト制という時間に制限されることもないので、
遊びたい時は自由に遊ぶこともできました。

僕は、放課後パチ屋に通って、
土日祝日も暇であれば、パチ屋に通う生活を送り続けて、
なおかつ遊びたい時は自由に遊んで、
スロットだけで累計500万以上稼ぐことができたのです。

 

これは学生時代の2年半で稼いだ金額ですが、
2年半もスロットを打っていたので、
さすがに目押しはできるようになりました。

ボーナス当選時は、
7を揃える必要があって、7揃いを外してしまうと、
1回転=60円、2回転=120円=ジュース一本分を損してしまうことになるので、
気合を入れて目押しして、全力で一発で揃えています。
(気を抜いて、スイカをこぼしてしまうことは多々ありますが)

 

もちろんスロットを始めた最初の時期は、
目押しなんて全くできませんでした。

最初はモンハンを打って目押しを練習していましたが、
モンハン以外の台、例えば北斗やコードギアスを打つとなると、
すぐ目押しができなくなりました。
(モンハンしか目押しができなかった、ということですね笑)

つまり、僕がどんな台でも目押しができるようになったのには、
500万稼いだ2年半の間に、コツコツと目押しを練習してきた、という感じです。

「スロットで稼げるようになりたければ、
まず初めにコツコツと目押しの練習をして、目押しをマスターしてください」

そんな言葉は大間違いです。

 

「僕は目押しをできるようになったから、スロットで稼げるようになった」

のではなくて、

「目押しができない時から、スロットで稼いでいた」

そして、

「スロットで稼ぎながら、目押しの練習をして、いつの間にか目押しができるようになった」
ということです。

つまり、
「目押しができなくても、スロットで勝てる」
「スロットで勝つことにおいて、目押しができるかどうかは関係ない」
「スロットで稼ぎたければ、目押しの練習するのではなく、スロットで勝つための立ち回りを知る必要がある」
ということです。

 

こんな非常識なことを言うと、反論が聞こえてきそうです。

「チェリーやスイカをこぼしても、ボーナス当選に影響はないのか?」

「じゃあ目押ししなくても、極論目をつむって打ってても勝てるのか?」

「でもやっぱり勝ってる人は全員目押しできるんじゃないのか??」

 

このようなことを思うのも無理はないと思います。

僕もスロットを始めた当初は
目押しができない人間がスロットで稼げるなんて思いもしなかったです。

だから最初はモンハンを打ちながら一生懸命目押しを練習しました。

 

でも、現実は違いました。

 

スロットの稼ぎ方を知れば、
極論目をつむりながら打ってても勝ててしまうのです。

そもそもスロットというものは、確率のゲームで、
レバーを叩いた瞬間に出現する出目がすべて確率で管理されているのです。

リプレイが○○%
ベルが○○%
チェリーが○○%
スイカが○○%
ビッグボーナスが○○%
レギュラーボーナスが○○%
フリーズが○○%

となっていて、
例えていうと、

リプレイが1/2、
ベルが1/5、
チェリーが1/80、
スイカが1/50、
ビッグボーナスが1/300、
レギュラーボーナスが1/200、
フリーズが1/10000

という具合です。

 

これは、どういうことかと言うと、
レバーを叩いてスイカが成立した場合は、
目押しをしてスイカを”揃えるだけ”なのです。

もう少し詳しく言うと、
チェリーやスイカが成立し、しっかり目押しをして、
出目を揃えたところで、ボーナスが当選するわけではないのです。

理解できましたか?

逆も同じことが言えます。

チェリーやスイカをこぼしてしまったとしても、
ボーナス当選・非当選には影響がないのです。

ボーナス当選・非当選かどうかはレバーを叩いた瞬間に確定しているので、
目押しがうまくできて、チェリーやスイカをしっかり揃えたところで、
内部的にボーナス非当選であれば、ボーナスには当選しないのです。

逆にチェリーやスイカをこぼしても、
内部的にボーナスが当選していれば、
しっかりとボーナスに当選するのです。
(スイカをこぼした分の100円程度を損する程度です)

 

要するに、目押しができなくてもボーナスには当たるし、
目押しができたとしても、ボーナスに当たらない時は当たらないのです。

スイカやチェリーをこぼしたところで、全く問題ありません。
ボーナスの当選・非当選には一切関係ないのです。

つまり、言ってしまうと、
「目押しができるかどうかは、どうでもいい」ので、
目押しなんてできなくて大丈夫なのです。

 

じゃあ、
「目押しをしなくて大丈夫だからと言って、目をつむりながら打っても勝てるのか」
というと、その答えは、

「はい、勝てます。」

さすがにART中やボーナス中は、
押し順ナビに従ってボタンを押す必要はありますが、
通常時は、何も考えることなく、左リールから止めていれば全く問題ないです。

なぜかというと、
”当たり(=ボーナス)”が抽選されているのは、レバーを叩いた瞬間なので、
目押しができるかどうかは”当たり”には全く関係ないからです。

そのため、
「メダルを入れて、レバーを叩いて、左リールからボタンを押す」

この作業を繰り返していれば、目押しができなくても、
頭を使わなくても簡単に稼げてしまうのです。
(ペナルティを起こしてはダメですが)

ART中やボーナス中は押し順ナビに従うだけなので、
目押しなんて一切できなくても、メダルをじゃらじゃら増やせます

 

でも、やっぱり最終的にはスロットで稼いでいる人は、目押しができるんじゃないのか?
と言われると、確かにその通りだと思います。

なぜなら、スロットで稼いでいる人は、
全員共通して長時間スロットを打っているわけですから、
当然目押しスキルは上達しています。

スロットで稼いでいる時間って、
単にスロットを打っているだけですから、
目押しが苦手な人にとっては”目押しの練習タイム”なのです。

そのため、スロットで稼いでいる人たちは、
莫大な時間をスロットに費やしているわけですから、
誰でも、自然と目押しができるようになってしまうのです。

 

まとめると、
●スロットは確率で管理されているので、レバーを叩いた瞬間に当たるかどうかが決まっている
●つまり、目押しができても、できなくても”当たり”には関係ない
●当たっている最中は押し順ナビに従うだけなので、目押し不要で、メダルを増やせる
●仮に目押しが苦手であっても、稼ぎながら練習すればいいだけ

という感じですね。

 

 

「目押しスキルは、スロットで勝つにおいて全く必要ない」
ということはご理解いただけたでしょうか?

仮にもし、この事実を信じられなくても、
それは無理もないことだと思います。

基本的にスロットはギャンブル扱いされているだけに、
普通は負けるものです。

しかも、その負けるはずのスロットで、
「目押しができなくても勝てる」という非常識なことを
いきなり突きつけられているわけですから、
信じられなくても仕方がないと思います。
(僕も過去に同じことを思っていましたし)

 

でも、もし本当に
「目押しができなくても、スロットで稼げる方法」
があれば、魅力的だと思いませんか?

 

 

もし、魅力的だと感じるのであれば、
目押しスキル不要でスロットで稼ぐ方法を説明していくので、
この先も読んでみてください。

 

このノウハウ自体は高度で難しいものではなく、
真面目に実践すれば、
誰にでも月10万円や、20万円を達成できるシンプルなノウハウですので、
スロット初心者の方には特におススメです。

なにせ、僕自身スロットを始めた最初の月は、
大した考えもなく、モンハンをやみくもに打ち続けて、
マイナス8万円を叩き出すほどのへっぽこスロッターでした。

そんなへっぽこスロッターが、
このノウハウを月50万稼ぐバイト先の先輩から教わって、
ろくに目押しもできない、
かつデータカウンターの見方も漠然としかわからない状態で、
初月から5万円や10万円のプラス収支を達成し、
その後はコンスタントに月20万円以上稼ぐことができたくらいです。

 

スロットで稼げるようになるためにも、
これからお伝えするノウハウを、ぜひ身に付けていただければと思います。

名づけて、
「目押しスキル不要でも月20万稼げる!スロット台ATM化計画」
です。(笑)

ぜひ最後までついてきてください。

 


↑↑↑クリックで読みたいところへ自動スクロールされます

 

目押しスキル不要でも月20万円稼げる!スロット台ATM化計画

スロットで稼ぐ方法を言うと
ずばり「天井狙い」です。

僕が大学時代スロットを始めた当初は、
放課後にパチ屋に通って、天井狙いをするだけで、
月20万円をコンスタントに稼ぐことができました。

 

天井とは、「確実に当たるG数」のことで、
各機種ごとに天井G数が設けられています。
(ジャグラーなどの一部の機種には天井が搭載されていません)

例えば初代モンスターハンターで言うと、
この台の天井は1400Gなので、1400Gになった瞬間に突然当たり始めます。

具体的には1398G、1399Gは通常状態ですが、
1400Gになった途端に、金扉が閉まり、強敵モンスターが現れ、
ハンターがそのモンスターを倒し、ARTに突入します。

こんな感じです。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

 

で、肝心の天井狙いとは、
「大ハマりしている台だけに絞って台を打つこと」です。

上記で挙げた初代モンハンで天井狙いをするとなれば、
僕なら750G以上ハマっていれば打ちます。

 

パチ屋に行き、
初代モンハンの750G以上ハマっている台が空いてれば、
その台を確保して、天井めがけて打ち続けるのです。

ここで注意してほしいのは、
「ハマっていない台は打ってはいけない」
ということです。

初代モンハンで言うと、
300Gから打ち始めるのはナンセンスです。

こんな浅いG数から打ち始めてしまうと、
収支が安定せず、結果的に稼げなくなってしまうのです。

「ハマっている台”だけ”に絞って立ち回り、ハマっている台を見つければ、
その台を確保し、天井めがけて打ち続ける」

これが天井狙いです。

 

なぜ天井狙いをすれば稼げるのか?

天井狙いをすれば稼げる理由・・・

それは
「スロットは確率で管理されていて、期待値という概念が存在するから」
です。

「スロットが確率で管理されている」
「期待値という概念が存在する」
の2つに分けて説明します。

 

「スロットが確率で管理されている」とは、上記でも説明しましたが、
レバーを叩いた瞬間に、各子役の出現が確率で管理されているのです。

リプレイが1/2、
ベルが1/5、
スイカが1/50、
チェリーが1/80、
ビッグボーナスが1/300、
レギュラーボーナスが1/250、
フリーズが1/10000
という感じです。

ここから言えることは、
ビッグボーナス、レギュラーボーナス、フリーズのように、
「”当たる瞬間”と”当たらない瞬間”の2つに分けられる」
ということです。

そのため、当たる瞬間だけを狙うことができれば、
当然スロットで勝てるようになるわけです。

で、先ほどお伝えした通り、
「天井とは確実に当たるG数」なので、
その”当たる瞬間を狙う立ち回り”というのが”天井狙いだ”ということです。

 

「期待値という概念が存在する」について説明します。

期待値とは、平均という意味です。

初代モンハンで言うと、
天井狙いをする目安として、期待値表というものがあります。

モンスターハンター天井期待値

打ち始めG数 期待値
600G 478円
700G 1448円
800G 2782円
900G 4796円
1000G 7780円
1200G 19065円
1399G 44413円

※条件:
やめどき:即ヤメ(0G)

 

 

例えば700Gから打ち始めると、
「1448円の期待値を稼げる」という見方です。
800Gから打ち始めると、2782円の期待値を稼げます。

これはどういう意味かというと、
800Gから打ち始めると、
「2782円の期待値を稼ぐ」というわけですから、
この台を100回打てば、
2782円×100回=278,200万円稼げる
ということです。

 

もちろん1回打つだけでは、5000円負けたり、
10000円勝ったり、20000円負けたりと、様々な結果になります。

しかし、何度も繰り返して打ち続けると、
1回当たりの収支が、期待値の2782円に収束していくのです。

僕の経験上、1回打つだけであれば、勝率は30%程度です。

少ない回数しか打っていない場合には、
トータル収支はマイナスになる可能性が高いので、
根気強く、何度も繰り返して、打ち続けることが重要になります。

負ける回数は多くなるけども、勝つときは1回で爆発的に勝つので、
ローリスク・ハイリターンの立ち回り、ということです。

 

ちなみに、以下は、僕が生涯で一番稼いだ時の、
花の慶次で万枚を突破した時の画像です。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

 

出玉は12600枚(閉店取り切れず)で、24万円勝ちでした。

 

期待値プラスの台打ち続れば、
たとえ負ける回数は多くなっても、
爆発して一気に黒字に挽回できる立ち回りなのです。

これが期待値という概念の考え方です。

 

実際に立ち回るときは、期待値2000円をボーダーに立ち回るのが
個人的におススメです。

期待値1000円未満の台だと、収支が安定しにくく、
負ける回数が多くなることから、
精神的に疲弊してしまい、挫折してしまう可能性がありますし、

ボーダーを上げて期待値3000円以上を目安に立ちまると、
台が拾えなさ過ぎて、打つ頻度が下がってしまい、
逆に稼げなくなってしまいます。

そのため、期待値2000円をボーダーに立ち回るのが、
バランスがとれていて、おススメです。

 

余談ですが、
「スロットで稼ぐためには、天井狙いをすればいい」
というのは事実ですが、

正確に表現すると、
「スロットで稼ぐには、期待値がプラスの台を打てばいい」
というのが答えですね。

天井狙い以外にも、
ゾーン狙い、リセット狙い、設定狙いなどがあり、
それらもすべて期待値がプラスなので、
これらの立ち回りを実践すれば当然稼げます。

しかし、スロット初心者の方にとっては、
天井狙いが一番取り組みやすくて、しかも結果が出るのが速いので、
まずは天井狙いから始めるがおススメです。

 

天井狙いをするための具体的手順

天井狙いをするための具体的手順は
●打ち始めG数を守ること
●やめどきG数を守ること
の2つです。

例えば、初代モンハンで言うなら、
800Gから打ち始めて、
やめどきはボーナス後0Gヤメ。

これをひたすら繰り返せば、スロットで稼げてしまいます。

 

初代モンハン以外の台でも、
「打ち始めG数」と「やめどきG数」を守ることで、稼ぐことができます。
ただ、機種ごとによって、
最適な「打ち始めG数」と「やめどきG数」は様々です。

アナザーゴッドハーデスでは、
打ち始めG数は800Gで大丈夫ですが、
やめどきG数は0Gじゃダメです。

ハーデスの期待値は以下の通りです。

天井期待値について

打ち始めG数 期待値(等価)
500G 648円
600G 1770円
700G 3405円
800G 5008円
900G 6111円
1000G 8343円
1200G 14587円
1400G 24030円
1599G 35347円

※条件:
低確状態から打ち始め、やめどきは30G。
設定1で10万回でのシミュレート。

 

 

この機種の場合は、30Gあたりが最適なヤメ時となります。

他の機種の狙い目については、
以下のページで書いていますので、良ければ参考にしてみてください。
「各機種の期待値・攻略まとめ」
(随時更新中です)

 

余談ですが、期待値表にある数値は、
詳細な説明は割愛しますが、
機械割やボーナス確率等の情報を基に計算されていたり、
実際に何十万回も打った時の結果をシミュレーションして、
期待値の数値が解析されています。

 

 

上記で述べてきたスロットで稼ぐ方法をまとめると、

●期待値プラスの台を打てば勝てる
●期待値プラスの台を打つには、天井狙いをすればいい
●天井狙いで稼げる理由は、スロットは確率で管理されていて、期待値という概念が存在するから
●天井狙いをするには、「打ち始めG数」と「やめどきG数」を守ればいい
●そのために各機種の「打ち始めG数」と「やめどきG数」を把握する
●把握するために、以下のページにアクセスして、対象の機種のページを確認する
「各機種の期待値・攻略まとめ」

 

つまり、あなたがやることとしては、

1.まずパチンコ店に行く。
2.店内にある台のG数を確認しつつ、スマホを片手にそれらの台の期待値を調べる
3.期待値プラス(おススメは2000円以上)の台を見つけたら、その台を確保し、当たるまでひたすら打ちまくる
4.当たりが終わった後は、やめどきG数を守り、終了

これらを忠実に実践すれば、
スロットで月20万を安定的に稼ぐことは、
そう難しいことではないと思います。

 

スロットで勝つために一番重要なことは、
「期待値がプラスの台を打つこと」であり、
言ってしまうと、
台を確保した瞬間に勝ち負けがすでに決まってしまっているのです

 

以上が、スロットで稼ぐための方法です。

「目押しができるorできない」というのは
スロットの勝ち負けには全く関係のない要素であり、
”目押しができなくても、期待値プラスの台を打てば勝ててしまう”
ということが理解していただけたと思います。

 

もちろん目押しはできないより、できる方がいいです。

目押しができずに、スイカやチェリーをこぼしてしまうと、
出玉を損してしまいます。

しかし、それはあくまでスイカ1回分=約100円を損するだけのことであり、
たいして重要なことではないのです。

スロットで勝つために最も重要なのは、
「期待値プラスの台を打つこと」であり、
目押しスキルは不要なのです。

 

天井狙いや期待値について、もっと詳細を知りたい場合には、
以下のページ(動画)で詳しく解説していますので、見てみてください。

天井狙い・期待値をマスターしてスロットで月20万を目指す

文字や文章だけではどうしても上手く伝えきれない部分もあるので、
あなたにしっかりと結果を出してもらうためにも動画で丁寧に解説しています。

ささやかながら多数のプレゼントを用意していて、
僕自身が「稼ぎやすい!」と思える台をまとめた期待値表も同時にプレゼントしています。
もちろんすべて無料ですので、興味があればぜひ受け取ってください^^

 

 

ここまで長々とスロットの稼ぎ方の理論を説明してきましたが、
イメージ掴めましたでしょうか?

実際にパチ屋に行って天井狙いをしようとしても、
頭が混乱して立ち回れなかったら意味がないので、
イメージが湧きやすいように、
ここからは、僕が先輩から天井狙いを教わって、実際に立ち回った時の話をしようと思います。

 

他の記事「スロットで稼ぐベストな方法は天井狙いで、その天井狙い初実践でスロット初心者がいきなり23000円勝った時の稼働日記」
でも、同じエピソードを書いているのですが、
上記のページでは僕の目押しスキルについては一切触れていないので、
今回は、僕が目押しをできなかったことを強調して当時のエピソードを書いていこうと思います。

 

名付けて、
「目押しができない状態で先輩から天井狙いを教わって、早速天井狙いをしたら本当に勝てた話(しかも23000円も)」
です(笑)

もし、まだ天井狙いをするにおいて、
イメージが掴めない部分があって、不安だったり、
自信がない場合には、読んでてみてください。

当時の僕も、
初めての天井狙い実践だっただけに不安に思う部分もあったので、
そういうところの心境も含めて書いてます。

少なからず参考になると思いますので、
ぜひ読んでみてください。

 

目押しができない状態で先輩から天井狙いを教わって、早速天井狙いをしたら本当に勝てた話(しかも23000円も)

「天井狙いで稼げるよ」

先輩からこのことを教わり、
僕はテンションマックスになって、
早速近くのパチ屋まで足を運びました。

普通であれば、”天井狙いが稼げる”と教わっても、
「そんなうまい話あるわけねえ」
「そもそもハマってる台(天井まで近い台)なんて落ちんのかよ」
と疑うはずなのですが、

当時の僕は、バイトの給料全額の8万円をパチ屋に吸収され、
行き詰っていた状態だっただけに、
先輩の「天井狙いで稼げるよ」という言葉に藁をもすがる思いで、

「天井狙いで稼いでやろう」と
そのままの勢いでパチ屋に向かったのです。

別ページに僕の過去のパチスロ逆転プロフィールも書いていますので、
良かったら見てみてください。

 

で、パチ屋に着き、
何かアツイ台はないかと胸を躍らせながら、ホール内を見回りました。

スマホを片手に、首を右へ左へ振りながら、
各台のデータカウンターのG数を確認しました。

初代モンハン、330G、
押忍番長2、470G、
鉄拳2nd、240G、
北斗世紀末、540G・・・

このような台は落ちているものの、
天井に近い、アツイ台は落ちていませんでした。

 

天井くらい誰でも知っているものですから、
1分、2分でいい台を拾えるほど簡単ではありませんね。

「くー、そんな簡単に人生思い通りにはいかないか・・・」

一人でボソボソ呟きながら、
店内にあるソファーに座って、スマホでスロット天井情報を調べたり、
ネットサーフィンしたり、
漫画を読んだりして、時間を潰していました。

このあとも引き続きホール内を徘徊してハマっている台を探し、
台がなければ、ソファーでスマホさわりながら時間を潰し、
時間が経てば、再びホール内を徘徊・・・
という繰り返しをしていました。

 

で、時間を置いて、
再度ホール内を見回ってみました。

すると北斗世紀末800ハマり発見!!

「おっ!これはお宝台か??」

すぐにポケットからスマホを取り出して、
「北斗世紀末 天井」とググりました。

ちなみにこの時点では、
モンハンしか打ったことがなかったため、
北斗、番長、鉄拳などの有名機種の情報もすらも、
何も知りませんでした。

 

で、検索結果は、

●天井は1600G、
●恩恵は89%ループ確定と、トキストック1個確定
でした。

 

「んー、天井が1600Gで、800Gから打ち始めるのは微妙かな・・・」

このときの僕は天井狙い初心者だったわけですが、
800G回すのはちょっとしんどいかな、と思い、
直感的にこれはダメだろう・・・と何となく判断できました。

ちなみに北斗世紀末の期待値は以下の通りです。

=================
600G -499円
700G +60円
800G +780円
900G +1680円
1000G +3090円
1100G +4950円
1200G +7550円
1300G +11020円
1400G +15900円
1500G +22870円
=================

800Gからだと、期待値780円なので、打たない方がいいですね。

この時点では、僕は”期待値”という言葉を知らなかったので、
このような期待値表を見て打つべきかどうかを判断できませんでしたが、
直感で「これは微妙だ」と判断したのはファインプレーだったと思います。

ということで、北斗世紀末800ハマりはスルーしました。

 

すると、すぐにおじいちゃんが北斗800ハマりに着席!

「おー!もし1000Gとか1100Gでどいてくれたらラッキー!
 しかも老人やから天井のこと知らんかも♪」
 
と妄想を膨らまして、
近くのソファーからじいちゃんの様子をうかがっていました。

「じいちゃんが移動したら、ダッシュで台を取ってやる!」

そう、まるでエサを横取りしてやろうと企んでいるハイエナのように
じいちゃんが打つ北斗を狙っていました。
(天井狙いする人のことをハイエナと言います)

 

ただ、800Gから1000Gや1100Gまでハマるのには、
20分から30分ほどかかることから、
数十分もずっとおじいちゃんを見張るのも疲れるので、
すこし休憩しながら、おじいちゃんを見張っていました。

 

で、少し休憩して、ソファーからおじいちゃんの様子を見てみると、

「あれっ!?じいちゃんがいねえ!!」

僕はすぐさま、その北斗800ハマりのところへ早歩きで向かいました。

 

恐る恐る、その台をのぞき込んでみると・・・

 

 

 

「空き台!! そしてG数は930ハマり」

930G・・・微妙です。

1000Gを超えていれば、打とうと思っていましたが、
930Gは悩みどころです。

僕はこの台を打つべきかどうかを少し考えました。

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・

 

で、結局打つことにしました。

 

930Gから他の誰かに取られてしまうと、
天井まで打たれてしまって、空き台にならなさそうですし、

ここまで粘るのに30分以上かかっているわけですから、
僕が打たなければもったいないと感じたからです。

ちなみに北斗930Gからの期待値は
2000円はありそうなので、打っても問題なさそうですね。

欲張れば1000Gは欲しいところですが・・・
=================
600G -499円
700G +60円
800G +780円
900G +1680円
1000G +3090円
1100G +4950円
1200G +7550円
1300G +11020円
1400G +15900円
1500G +22870円
=================

 

 

ということで、北斗初実践です。

まずは打ち方を知る必要があったので、
「北斗 打ち方」で検索しました。

すると、すぐに結果が出てくれました。

「なるほど、全リール黄7を狙えばチェリーもスイカも拾えるのか」

打ち方を知ったところで、
サンドにお金を投入して、北斗930Gを打ち始めました。

「おー、意外と黄7が見える!!」

このとき、ちょっぴり嬉しかったのを覚えています(笑)

モンハンで目押しの練習をしていただけに、
修行の成果が実感できた瞬間でした。

 

しかし、いざレア役の演出がくると緊張します。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

 

すると、

 

 

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

 

チェリーこぼした・・・・ダサい

 

まだまだ練習不足だということも実感しました(笑)

 

何度かはしっかりとスイカを揃えることもできましたが、
失敗したり、揃えれたりと、
目押しについてはまちまちでした。

目押しが上手な人にとっては、百発百中で成功するので、
当時の僕は明らかに下手クソな部類ですね。

 

で、目押しを失敗するだけなら100円程度を損するだけなので
大した問題ではないのですが、

そもそも、この北斗を打っていて、
当たる気配が全くないので少し不安になってきました。

1200G、1300Gと順調にハマって天井に近づくものの、
投資金も5000円、6000円、・・・1万円と増えていきます。

ここまで、何も当たる気配がないので、
「これホンマに天井(1600G)で当たってくれるよな・・・」

 

天井という言葉を知ったのは、つい先日のこと。

先輩から「天井狙いで勝てるよ」とちょろっと教えてもらっただけだったので、
本当にこれで大丈夫なのか、何だか不安になってきました。

しかし、かといって1300Gとかハマっている状態で、
この台を諦めて家に帰るわけにもいかないので、
粛々と打ち続けました。

 

で、そのままあっけなく天井に到達しちゃいました。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

 

最初はてっきり1600GジャストでARTに当選すると思っていたので、
1600Gで当たらなかったときは、正直ちびりそうになりました。

1600Gからさらに1000円を投資して、
1630G付近でARTに当選しました。

この時点で合計23000円の投資でした。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
(画像流用)

レインボーオーラ!激熱です。

 

天井恩恵は89%ループ確定と、トキストック1個確定。

つまり2連確定と、そのあとは89%でARTがループします。

 

ちなみにこの時は初めてのART機実践ということもあり、
89%ループのアツさを感じることはできず、
「とりあえず、投資金の23000円を取り返さないとヤバい!!」

という想いだけが自分の頭の中にありました。

 

でも、その反面「ART機って便利だな」と感じる部分もありました。

なぜかというと、目押しをしなくても、
普通に打っているだけでARTに突入してくれるからです。

ジャグラーや初代モンハンのような、ボーナスタイプだと7を揃えないとボーナスに突入しないですが、
ARTなら目押しができなくても、ARTに突入するので、
押し順ナビを守るだけで出玉を増やすことができます。

 

天井狙いをして、ARTに突入してしまえば、
あとは頭を使わず、ARTが終了するまで、ひたすら回し続けるだけです。

レア役演出が来たときには、
黄7を狙って目押しをする必要がありますが、
失敗したところで40円とか、100円とかを損するだけなので、
勝ち負けにはあまり左右されませんね。

 

しかし、一点だけ問題が。。。

ボーナス当選。
なかなか赤7が揃えられない。。。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
(画像流用)

 

首を上下に振ってタイミングを計る仕草・・・ダサすぎます(笑)

周りの人たちから「こいつ目押し失敗してやがるよ」的な
視線で見られてるんじゃないかと恥ずかしくなってきます。

モンハンで練習をしたにも関わらず、この有様。
モンハンの赤7は見えても、北斗の赤7は色が暗いせいか見えにくいのです。

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
(画像流用)

 

で、ようやく赤7を揃えることができましたが、
たしかこの時は10回近く失敗した気がします。

たとえ目押しを5回も10回も失敗しても、
最終的には何とかなるものなので、大丈夫ですが、
何度も失敗すると、周りからの視線が気になって恥ずかしいですね。。。(笑)

その後はボーナスに当選せず、
押し順ナビに従うだけで、出玉がじゃらじゃらと増えていきました。

 

で、この時の結果は、
ARTがたしか12連して、2300枚の出玉でした。

ART終了後は、2、3回転だけ念のため回して、
そのままヤメました。

 

23000円の投資で、
回収が2300枚=46000円、

つまり23000円勝ちでした。

目押しがしっかりとできていれば、
あと50枚=1000円くらいは多かったかもしれませんが(笑)

 

何はともあれ、僕は天井狙い初実践にして、
いきなり黒字をたたき出すことができました。

しかも2300枚の回収なので、なかなかの爆発です。

もしここで負けて終わっていたら、
天井狙いを信じられなくなって、
スロットで1円も稼げていなかったかもしれません(汗)。

 

この日については、たまたま勝てたものですが、
期待値プラスの台を打ち続けることで、
結果的に収支がどんどんプラスになっていくのです。

この結果は、ビギナーズラックとも言えそうですが、
しっかりと天井狙いをして、期待値プラスの台を打っての結果が
23000円勝てたことに繋がっているので、
真っ当な実力とも言えるんじゃないかと思います。

 

以上が、「目押しができない状態で先輩から天井狙いを教わって、早速天井狙いをしたら本当に23000円勝てた時の話」
でした。

 

実際に天井狙いをする時のイメージは湧きましたでしょうか?

天井狙い初日に23000円も勝てたのは、
たまたまで運が良かっただけかもしれませんが、
天井狙いをすること自体は、
誰にでもできそうな簡単なことだと思いませんか?

 

当時の僕はスロットを始めて数か月のスロット初心者の状態でしたし、
もちろん目押しもろくにできない状態でした。

そんな僕でも、実践初日から不器用ながらも、
期待値プラスの台を確保することができて、
ヤメ時を間違えることなく、問題なく立ち回ることができました。

実際に行動して、天井狙いをしようと思うと、
少し面倒に感じるかもしれませんが、
やっている作業レベルで言うと、特に難しいことではないと思います。

 

スロットで稼ぐためにすることをまとめると、

1.まずパチンコ店に行く
2.店内にある台のG数を確認しつつ、スマホを片手にそれらの台の期待値を調べる
3.期待値プラス(おススメは2000円以上)の台を見つけたら、その台を確保し、当たるまでひたすら打ちまくる
4.当たりが終わった後は、やめどきG数を守り、終了

 

もちろん1台打つだけでは、
勝ったり負けたりと、様々な結果になります。

というよりは、基本的に負ける回数の方が多いです。

僕の経験上、1台当たりの勝率は30%程度ですし、
他のスロットで稼ぐ人たちも共通して、
勝率は約30%と言っているので間違いないと思います。

ただ、何度も打ち続けていれば、
1ヶ月、2ヶ月と長期間続けていれば、確実にプラス収支になるという、
ローリスク・ハイリターンの立ち回り、と思っていただければ大丈夫です。

少なくとも、
この天井狙いの期待値戦略を半年や1年続けて、
「結果がマイナスのまま終わりました」となんて聞いたことがありません。

この点については、根気強く頑張ってほしいと思います。

 

ただ、実際に天井狙いをしようとすると、
期待値プラスの台を打っても収支がプラスにならない、という問題のほかに、
「そもそも期待値プラスの台が拾えない」
という壁が立ちはだかると思います。

この問題に対処する場合には、
主に2つの対応策があって、

1.打つ台がなければ別の店に移動する
2.前日のハマりG数をメモして、次の日の立ち回りに活用する

という2つの技があります。

これらについては、以下のページで、
詳しく解説していますので、ぜひ見ていただければと思います。
「期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話」

 

 

あと最後に、
ここまで読んでくれているあなたは、
おそらく目押しが苦手で、かつスロットで稼ぐことに興味があるのだと思います。

 

僕がこれまでスロットで稼いできた中で、
目押し不要の機種で稼いだ金額ランキングベスト4というものを用意してみましたので、
良かったら参考にしてみてください。

”目押し不要の機種”とは、
「通常時は順押しでよくて、目押しをしなくてもスイカやチェリーをこぼすことなく100%出玉を確保できて、
ART中やボーナス中は、押し順ナビに従うだけでOK」
という台のことです。
(※順押しとは左リールを最初に止める打ち方)

つまり、
「押し順ナビが出たときは、そのナビに従って、
それ以外は順押しすればいい」

という完全目押し不要の台です。

 

稼いだランキングベスト4については、
僕自身がこれまで立ち回ってきた中で、
一番稼げた目押し不要の台から、
二番、三番、四番を紹介し、
最後に番外編として1台紹介していきます。

一番から四番までは完全目押し不要の機種ですが、
番外編の機種については、”ほぼ目押し不要”機種です。

完全目押し不要ではないのですが、
僕はこの台で大きい金額を稼ぐことができましたし、ほぼ目押し不要ですので、
あえて番外編として、紹介しようと思います。

 

これら5機種の稼ぐための狙い目や、
僕が実際にどうやって立ち回っていたのかも、
それぞれ説明しています。

もし目押しが苦手であっても、これらの機種で立ち回れば、
一切目押しする必要がなく、気軽に天井狙いできると思います。

それに稼いだ金額ベスト4だけに、
これらの機種に絞って立ち回れば、稼ぎやすいと思いますし、
あわよくば、目押しの練習もできます。

目押しミスっても損は全くありません(笑)

良かったら参考にしてみてください。

 

【目押し不要】稼ぎやすい機種ランキングベスト4

目押し不要機種で、
僕が稼いできた収支ランキングベスト4と、番外編1台を紹介します。

僕が稼いだ金額はもちろん、
各機種の期待値・狙い目・やめどきと、
それらに加えて、当時僕がその台に対して立ち回っていた方法も紹介していきます。

4位:スーパービンゴネオ(収支+93,000円)

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

狙い目

天井狙い

600G~

ゾーン狙い

320G~460G

 

やめどき

AT後即ヤメ(0Gヤメ)

 

天井期待値について

打ち始めG数 期待値(等価)
0G -424円
100G -323円
200G 512円
300G 1914円
400G 3213円
500G 1267円
600G 2280円
700G 4182円
800G 6568円
900G 9570円

【条件】
※設定1
※AT後ストックなし確認ヤメ

 

天井狙いよりも、ゾーン狙いが超優秀なスーパービンゴネオです。
天井は999Gで恩恵がAT初期G数優遇されるので、天井だけで優秀なのですが、
それよりも444Gのゾーンのヒット率が約50%という破格な数字のために、
天井狙いよりも、ゾーン狙いの方が狙う機会が多かったです。

320ハマりや350ハマりの台を頻繁に拾うことができたので、
ゾーン狙いを主軸にして、立ち回っていました。

後継種のプレミアムビンゴでも、
同じようにゾーンの当選率が高く、打てる機会は多いですし、
天井到達時も初期G数優遇があるので、
ビンゴ系の機種はかなり稼ぎやすい機種だと思います。

 

 

3位:アナザーゴッドハーデス(収支+212,000円)

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

狙い目

900G~

 

やめどき

GG終了後、前兆確認してヤメ(約30G)

 

天井期待値について

打ち始めG数 期待値(等価)
500G 648円
600G 1770円
700G 3405円
800G 5008円
900G 6111円
1000G 8343円
1200G 14587円
1400G 24030円
1599G 35347円

※条件:
低確状態から打ち始め、やめどきは30G。
設定1で10万回でのシミュレート。

 

この台は2017年1月現在でも天井狙いの主力の機種だと思います。
天井が1570G+前兆で深いですが、
恩恵はプレミアムオブハーデス確定とアツいです。

僕が立ち回っているときは、
800Gゾーン抜けの840Gや、850Gあたりから打ち始めることが多かったです。

800G超えてれば、期待値は5000円以上でアツいですが、
投資金が多くなってしまうのがネックです。

ハーデスは、初当たりが重たいので、
1000円、2000円の低資金で当たってくれることは見込めないので、
打ち始めることに多少ハードルが高いかもしれません。

資金に余裕があれば、700Gや800Gから打っても大丈夫ですが、
資金に余裕がないのであれば、900G辺りから打つのがいいと思います。

 

 

2位:ミリオンゴッド~神々の系譜ZEUSver.~(収支+213,000円)

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

狙い目

900G~

 

やめどき

GG終了後、前兆確認してヤメ(約30G~40G)

1200~1400GにGGに当選し、そのGGが単発だった場合は、300G+α回す
(救済天井が50%で300G+αで発動するため)

 

天井期待値について

打ち始めG数 期待値(等価)
600G -739円
700G 1019円
800G 2437円
900G 4689円
1000G 7216円

【条件】
※内部状態は通常Aスタート
※ART後50Gヤメ

 

ゴッドZEUSが導入されていた時期は、
天井狙いバブルだったこともあり、宵越し天井狙いが非常に有効な時期でした

宵越し天井狙いとは、
前日の閉店前に各狙い目機種のハマりG数をメモしておいて、
「翌日のノーボナ台のハマりG数を、前日ハマりG数に加算して天井が発動する」
というのを狙う立ち回りで、
期待値プラスの台を確保するため最強のテクニックです。

詳しくは以下の記事で詳しく解説してますので、読んでみてください。
期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

据え置き店では1000ハマりの台を拾うのは日常茶飯事のレベルだったので、
期待値7000円オーバーの台を何度も打つことができました。

さらにGODも確率通り8000Gに1回ぐらいは引けていたので、
収支も安定して、勝率が55.2%を達成しました。

 

 

1位:バジリスク~甲賀忍法帖~絆(収支+326,300円)

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

狙い目

ゲーム数天井狙い

350G~

BCスルー回数狙い

BC連続5回スルー後

 

やめどき

基本AT・BC後即ヤメ

即ヤメしないパターン

天井到達時(11回目のBCでAT当選時)は次回AT当選まで
(BC1回目でAT確定のため)

朧BCで半月出現時は次回BC当選まで
【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
(次回BCで、AT当選率大幅アップ)

朧BCで赤満月出現時は次回BC当選まで
【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
(次回BCで、AT当選確定)

 

天井期待値について

BC間スルー天井期待値

BCスルー回数 期待値(等価)
3回 146円
4回 1680円
5回 2174円
6回 3544円
7回 4469円
8回 5787円
9回 7473円
10回 8460円

※AT後即ヤメ

ゲーム数天井期待値

打ち始めG数 期待値(等価) 勝率
200G 204円 31.92%
250G 318円 31.85%
300G 592円 31.89%
350G 896円 32.36%
400G 1436円 33.42%
450G 2114円 35.20%

※BC後・AT後即ヤメ

 

王道のバジリスク絆です。
僕はBC5スルーをボーダーに、天井狙いをしていました。

5スルーから打ち始めたものの、
ときには、11回目の天井まで持っていかれ、
3万円以上の大投資をさせられたことがあります。

しかし、5スルーから打ち始めれば、
大半は1回目や2回目のBCにATに突入するので、
投資金は平均1万円程度です。

つまり、大負けする確率は低いので、
初心者の方でも比較的天井狙いしやすい機種だと思います。

僕自身の収支見ても、
バジリスク絆に限っては勝率が40%(普通は30%)を超えているので、
コンスタントに稼ぎやすい機種だと思います♪

 

 

番外編:バジリスク~甲賀忍法帖~Ⅱ(収支+339.000+α)

【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

狙い目

700G~

 

やめどき

ART終了後、前兆・MB確認してヤメ

 

MBについて(次ゲームで15枚ベルが成立)

液晶リールにブランク絵柄が出現
【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

※リールの中心に灰色であればMB濃厚
【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4

 

天井期待値について

打ち始めG数 期待値(等価)
600G 1121円
700G 2051円
800G 3311円
900G 5295円
1000G 7872円
1100G 11609円
1200G 16721円
1280G 20431円

※条件
ART終了後、前兆・高確非滞在で即ヤメ

 

バジリスクⅡはビッグボーナス当選時だけ
白バーを目押しする必要があるので、番外編としての紹介です。

確率は1/32768と低い確率なので、
お目にかかることは少ないと思いますが。

 

バジリスクⅡの天井は1280G+前兆です。

天井到達時の恩恵が、
継続率優遇のART確定で、期待獲得枚数が1000枚と高いので、
比較的アツい天井恩恵でした。

僕は、この台を打つときは700Gをボーダーに立ち回っていました。

しかも、設定変更されても前日のG数を引き継ぐので、
宵越し天井狙いを軸に立ち回って、
900Gや1000Gハマりのお宝台を頻繁に打つことができたので、
安定した収支を上げることができました。
(勝率は50%でした!)

宵越し天井狙いについては以下の記事で詳しく解説しています。
期待値プラスの台を確保するための最強のテクニックなので、
ぜひ見てみてください。
期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話

 

2017年1月、今となっては、
宵越し狙いでも900ハマりや、1000ハマりのお宝台を拾うことは難しいかもしれませんが、
700ハマりや、800ハマりであれば、拾える機会があるので、
積極的に狙っていくべきだと思います。

 

 

以上が、「目押し不要機種の収支ベスト4」です。

これまで僕が障害で稼いできたランキングということもあり、
今現在(2017年2月)では、数が少ない古い機種も含んでしまいました。

そのため参考にならない部分もあったかもしれませんが、
少しでも、あなたのためになったのであれば、嬉しいです。

▼▼▼ 明日のあなたの勝利を願ってPUSHを!! ▼▼▼
クリックで「勝舞あり!」に変わります
(1日1回)
1.戦略編 まずは勝ち方を知る
●【パチスロで覚えること】勝つために必要なたった3つのポイント
●スロットの知識がない・・・そんなあなたにお届する知識0からたった1ヶ月でスロット勝ち組に入る方法
●【パチスロは設定1でも勝てる!】勝てる台と負ける台の見分け方を知って月20万円稼ぐ
●「前日出た台」「角台」よりも”圧倒的に勝てる”台の選び方
●【初心者向け】座った瞬間に”勝ち”が確定するスロット台の選び方
●【初心者向け】スロットの仕組みを知るだけで月20万円勝てる!?
●【スロット×店選び】勝てるホールを選ぶ3つのポイント
●【パチンコ×スロット】毎月1万円の損をする!!会員カード作成は必須
●【スロットに目押しは不要!】スロットで勝つための具体的方法と、勝ちやすい機種ランキングベスト4
2.実践編 イメージに落とし込む
●【牙狼 守りし者】689ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【アナザーゴッドハーデス奪われたZEUSver.】958ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【スーパービンゴプレミアム】411ハマりを拾ってゾーン狙いしたときの稼働日記
●【エヴァンゲリオン魂を繋ぐもの】REG後465ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【ミリオンゴッド神々の凱旋】733ハマりを拾って天井狙いしたときの稼働日記
●【押忍!サラリーマン番長】191ハマりを拾ってゾーン狙いしたときの稼働日記
●【バジリスク~甲賀忍法帖~絆】詳細な知識を介入して、 さらに期待値を底上げできたときのバジ絆の稼働日記
●【モンスターハンター狂竜戦線】天井狙いして、やめどきを間違えずに、しっかりと期待値を取り切った時の稼働日記
●【バジリスク3】天井狙いした時の稼働日記
●【北斗の拳~修羅の国篇~】天井狙いした時の稼働日記
3.行動編 まずは負け組を脱出し、黒字を目指す
●負けてイラ立っている時こそ冷静に・・・
●まるでロボット??心を「無」にして立ち回れば1ヶ月で20万勝てる!
●スロットで稼ぎたければ、友人と打ちに行ってはいけない
●「敵・ライバルがいてるから勝てない」←間違い!!
●負けてばかりで辛い?? いいじゃないか負けてばかりで。だからこそライバルが減って自分が勝てる
●周りのスロッターはだいたいアホだから安心しな
●「打たない」ことも大切
4.常勝編 応用テクニックを駆使し、月収20万円を目指す
●(おさらい)スロットで稼ぐベストな方法は天井狙いで、その天井狙い初実践でスロット初心者がいきなり23000円勝った時の稼働日記
●期待値プラスの台が見つからない時の対処法2つと、実際にその2つを使ってみたら、すんなりお宝台を拾えた時の話
●宵越し天井狙いを応用して、ゾーンのある機種をリセット判別して、ライバルを出し抜く方法と、その具体例
●【理論だけじゃ勝てない?】天井狙いをやっても全く勝てずに、行き詰っているときの唯一の解決策


月収20万円完全到達マニュアルを無料配布中!!



著者プロフィール
名前:katsu

現在は某銀行に勤める24歳会社員。
副業プロスロッター。

パチスロによる累計収入550万円(更新中)

大学時代にパチスロにのめり込み、
バイトの給料全額を費やすスロット廃人だったが、
ある日バイト先の先輩から「期待値戦略」を教えてもらい、実践初月からパチスロだけで10万円稼ぐ。

学校はしっかり通いながらもパチスロだけで安定して毎月20万以上稼げるようになり、
学生時代だけで累計512万円稼ぐ。

周囲の期待に応えて無理やり就職するも、
本業の収入をパチスロの収入が上回ることもしばしば。

パチスロを始めて11ヶ月、日給24万7千円達成

【実績】
2012年5月、パチスロ開始。初月で10万円稼ぐ。
2012年9月、月収20万円達成。
2012年12月、月収50万円達成。累計収入100万突破
2013年4月、日給24万7千円稼ぐ。


実際に僕がスロットで稼ぐために使った手法を、
以下の記事で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。
天井狙い初実践で23000円勝った時の稼働日記

katsuのパチスロ逆転プロフィールの詳細を見る

面白い!と感じたら「いいね!」をお願いします!


ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
応援ボタンをぽちっとクリックしてくれると嬉しいです^^
  ↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログへ  

コメントを残す

このページの先頭へ